高梨臨

 女優・高梨臨が、日英合作映画『“Cottontail”「コットンテール」』にメインキャストの一人として出演することが決まった。

 英アカデミー賞受賞監督でもあるパトリック・ディキンソンの新作。愛する人を失い崩れかけた家族の愛の再生の物語。

 高梨は、アッバス・キアロスタミ監督作『ライク・サムワン・イン・ラブ』で主演に抜擢されるなど活躍が目覚ましい。ディキンソン監督は同作での高梨の芝居を「本当に秀逸でした。臨さんは役柄を、希望や恐怖心などを抱え持つ人間味あふれる存在として見事に演じ、私は、彼女に特別な才能を感じました」と高く評価した。

 高梨が演じるのは、錦戸亮演じるトシの妻・さつき。ディキンソン監督は「幸運にも臨さんがキャストに加わって下さった事で、『コットンテール』をご覧になった方々は、きっと彼女の細やかな感情あふれるお芝居で胸心を動かされる事だろうと思っています」と高梨に期待を寄せる。

 メインキャストはほか、リリー・フランキー、錦戸亮、木村多江が名を揃える。

 なお、イギリスからは、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART 2』などで知られるキアラン・ハインズ、『ワイルド・ローズ』に主演し英国内で数々の賞を受賞しているジェシー・バックリが出演する。。

 また、共同プロデュースとして、英国映画協会ネットワークと英国アカデミー賞クルー2021のジェイミー・ハービーとサッチ・ワタナベが参加する。

 本作は、コロナ禍で撮影が延期されていたが、今年初夏、日本での撮影からスタートする。イギリスではロンドンで撮影。2022年の日本公開を予定している。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)