佐々木美玲

 森川葵、佐野勇斗、生田絵梨花(乃木坂46)、萩原みのり、秋田汐梨、長井短、佐々木美玲(日向坂46)が22日、都内で、ドラマ『賭ケグルイ双』(英勉監督)完成報告会に臨んだ。

 河本ほむら氏・原作、尚村透氏・作画の人気コミックス『賭ケグルイ』に並行し、同作と同じく月刊『ガンガンJOKER』で連載中の『賭ケグルイ双(ツイン)』(河本ほむら氏・原作/斎木桂氏・作画)の実写ドラマ。Amazon Prime Videoで3月26日から配信される。

 ごく普通の家庭に生まれた少女・早乙女芽亜里(森川葵)が政財界の子女たちが通う私立百花王学園に編入し、学園のすべてを支配する“ギャンブル”という狂った掟に翻弄されながらも仲間と共に奮闘していくストーリー。「賭ケグルイ」の主人公・蛇喰夢子が学園に転校してくる1年前を描いている。

 この日は劇中の衣装で登壇した。佐野勇斗、生田絵梨花、萩原みのり、秋田汐梨、長井短、佐々木美玲とともに本作から同シリーズ初参戦の佐々木は、聚楽幸子(長井短)に飼いならされた佐渡みくらを演じる。

 劇中でも使用された首輪をつけて登壇。長井に首縄を引っ張られるシーンがあるが、佐々木は「私自身、犬を飼っているのでワンちゃんの気持ちが分かりました。普段散歩する時はあまりひっぱらないでおこうと思いました」と振り返った。

 引っ張る側を演じた長井は、「どう考えても首輪は痛いと思ったので、逐一『痛くない?』と聞いていたけど、ある時に『大丈夫です、首強いので』と言われて」と佐々木のプロ魂を見たと明かした。

 その佐々木は「首はたぶん強い方だと思います。愛のある引っ張り方をしてくれたので痛さよりもハートの方が勝ちました」とするも、結局「痛かった」ことが明らかになり、共演者からツッコみを受けていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)