生田絵梨花

 森川葵、佐野勇斗、生田絵梨花(乃木坂46)、萩原みのり、秋田汐梨、長井短、佐々木美玲(日向坂46)が22日、都内で、ドラマ『賭ケグルイ双』(英勉監督)完成報告会に臨んだ。

 河本ほむら氏・原作、尚村透氏・作画の人気コミックス『賭ケグルイ』に並行し、同作と同じく月刊『ガンガンJOKER』で連載中の『賭ケグルイ双(ツイン)』(河本ほむら氏・原作/斎木桂氏・作画)の実写ドラマ。Amazon Prime Videoで3月26日から配信される。

 ごく普通の家庭に生まれた少女・早乙女芽亜里(森川葵)が政財界の子女たちが通う私立百花王学園に編入し、学園のすべてを支配する“ギャンブル”という狂った掟に翻弄されながらも仲間と共に奮闘していくストーリー。「賭ケグルイ」の主人公・蛇喰夢子が学園に転校してくる1年前を描いている。

 この日は劇中の衣装で登壇した。佐野勇斗、萩原みのり、秋田汐梨、長井短、佐々木美玲とともに本作から初参加する生田は、果たし状を突き付けてすごむ三春滝咲良を演じる。

 目力と姿勢を武士のように意識して演じたという生田。役に入りすぎ、その期間中は乃木坂46の活動でも、向けられたカメラに睨みを利かせていたといい「その頃はマネージャーにも咲良になっているよと言われて、ファンの方もその時は咲良だったんだと腑に落ちると思います」と笑顔。

生田絵梨花

 乃木坂46では、先に松村沙友理が同シリーズに夢子役で出演している。撮影前に英監督から「みんな仕掛けていくから乗り遅れないようにね」と言われ、「どういう殺伐とした作品なのかとおののいていた」という。ただ、松村に事前に相談したところ「優しい人たちだから安心して大丈夫だよ」と言われたそうで、実際に現場は「和気あいあい」としていたそうで「楽しみながら演じられました」と振り返った。

 この日は、登壇者同士でゲーム対決も行われたが、楽しそうな現場だったことがうかがわせるように笑顔で盛り上がっていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)