佐野勇斗

 森川葵、佐野勇斗、生田絵梨花(乃木坂46)、萩原みのり、秋田汐梨、長井短、佐々木美玲(日向坂46)が22日、都内で、ドラマ『賭ケグルイ双』(英勉監督)完成報告会に臨んだ。ゲーム対決で負けた佐野、秋田、佐々木はセンブリ茶の罰ゲームを受け、苦い顔をしていた。

 河本ほむら氏・原作、尚村透氏・作画の人気コミックス『賭ケグルイ』に並行し、同作と同じく月刊『ガンガンJOKER』で連載中の『賭ケグルイ双(ツイン)』(河本ほむら氏・原作/斎木桂氏・作画)の実写ドラマ。Amazon Prime Videoで3月26日から配信される。

 主演を務めるのは、実写『賭ケグルイ』シリーズを通じて本作の主人公となる早乙女芽亜里を演じてきた女優・森川葵。新たに佐野勇斗、生田絵梨花、萩原みのり、秋田汐梨、長井短、佐々木美玲らが参戦する。

 本作は、ごく普通の家庭に生まれた少女・早乙女芽亜里が政財界の子女たちが通う私立百花王学園に編入し、学園のすべてを支配する “ギャンブル”という狂った掟に翻弄されながらも仲間と共に奮闘していくストーリー。「賭ケグルイ」の主人公・蛇喰夢子が学園に転校してくる1年前を描いている。

 期せずして早乙女芽亜里(森川葵)と行動を共にすることとなる、幼馴染の花手毬つづら(秋田汐梨)、文芸部部長の戸隠雪見(萩原みのり)との学園友情物語も「賭ケグルイ」シリーズにとっての新たな一面が垣間見える。

 更に、徐々にギャンブルの才覚を発揮していく芽亜里に、ある思惑を持って近づいてくる生徒会役員・会計の壬生臣葵(佐野勇斗)、果たし状を突き付けてすごむ三春滝咲良(生田絵梨花)、首輪につながれた佐渡みくら(佐々木美玲)を従えながら、芽亜里を囲い込もうとする聚楽幸子(長井短)らが立ちはだかる。

あっち向いてホイする佐野と生田

 この日は登壇者同士でゲーム対決を行った。強さを見せたのは「こういうのって強いんだよな」と自信をのぞかせた森川。そして、萩原と、長井。森川と歩数計対決を繰り広げた生田と佐野は森川に負けたものの、同一点数であったことから2人であっち向いてホイで勝負。結果、佐野が負けて最終的に佐野、秋田、佐々木がセンブリ茶を飲む罰ゲームを受けた。「賭ケグルイ」の洗礼を受け、「苦い」と渋い顔をする3人だった。

(前列)佐野勇斗、森川葵、生田絵梨花、(後列)英勉監督、萩原みのり、秋田汐梨、佐々木美玲、長井短

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)