長月翠

 莉子、秋田汐梨、長月翠、香音、たつろうが20日、都内で劇場版『DISTORTION GIRL』の舞台挨拶に臨んだ。普段はラストアイドルとして活動する長月は、アイドルとは異なる現場で「刺激を受けた」と明かした。

 YouTubeドラマ「DISTORTION GIRL」を再編集し、劇場版として2日間限定で上演される。高校を舞台に、廃部の危機に直面した4人の女子高生がそれを回避するために実績を作ろうと、バンドを組んでフェス出場を目指して奮闘する物語。

 ドラマ初主演の莉子はボーカル、秋田汐梨はベース、香音はドラム、そして長月はギターを担当した。長月は1カ月、ギター講師指導のもとでレッスンを重ね、自宅でも練習に励んで本番に臨んだ。

 そんな長月が演じたのは、アイドル志望で校内の変わり者ミーハー。「いつもハイテンションでアイドルキャラを演じることが多いけど、私はそういう性格ではなくて暗いし、サバサバしている。なのでそんな役を演じたい」と言うと、古くからの知人という莉子からは「悪役も行けるかも?」と提案。長月はクールな表情を実演して「できます!」とアピールしていた。

 その後の報道陣による囲み取材では、普段のアイドル活動とは異なる現場に当初は「ドキドキ」していたことを明かした。長月が所属するラストアイドルは選抜メンバーを決めるために様々なバトルを挑んでいる。しかし、今回の現場はそれとは異なるものがあるとし「また違った刺激になりました。この経験をグループに持ち帰りたい」と明かした。

 主要キャストが同世代だったこともあり、青春を体験しているような現場。長月は「新しい経験が出来ました。3人がキラキラしていて、いいなって。こういう気持ちになるのは初めてで、この気持ちを大事にこれからも活動していきたいです」と語った。

たつろう、長月翠、莉子、秋田汐梨、香音

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)