最優秀主演男優賞に輝いた草なぎ剛(C)日本アカデミー賞協会

 【第44回日本アカデミー賞】19日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で授賞式が行われ、最優秀主演男優賞に草なぎ剛が輝いた。

 トランスジェンダーの凪沙と母親の愛を知らずに生きてきた少女一果が心を寄せ合う姿を描いた映画『ミッドナイトスワン』で主人公の凪沙を好演した。

 初受賞の優秀主演男優賞で、最優秀主演男優賞に輝いた。壇上に立った草なぎは前を見つめ「マジっすか…ごめんなさい。頭が真っ白になってしまって…」と驚きを隠せない様子で続けた。

 「今まで皆さんと仕事させてもらえたこととか、仲間の皆さんに応援してもらえていることとか、慎吾ちゃんや吾郎さんとか近い人たちに支えてくれてきょうこの舞台に立てたことを嬉しく思います」

 更に「映画にはそれぞれ、作り手の方や役者の気持ちとかいろんな方向性があると思いますが、一人一人の人生がより良く自由に全うできるような作品作りと、人と人との関わりのなかで、これからも自分の人生を全うしていきたいです」と誓った。

 優秀主演男優賞には、草なぎ、小栗旬、佐藤浩市、菅田将暉、二宮和也が受賞している。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)