DEEP SQUADが5日、オンラインライブ&トークイベント『DEEP SQUAD CL PREMIUM LIVE & TALK “TRUE LOVE”』が開催した。本公演は株式会社CyberLDHによる会員制映像エンターテインメントサービス「CL」で、LDH所属アーティストが「CL」限定でLIVE & TALKを魅せる新たなコンテンツ『CL PREMIUM LIVE & TALK』の第一弾として開催。ニューシングル「あなたが迷わずに」の歌詞<TRUE LOVE>をテーマに、ファンへの感謝が込められた歌声を届けた。以下オフィシャルレポート。

 照明の青い薄明りに包まれ、一人一人が甘く深い歌声を響かせる「Intro~Love again~」でライブがスタート。軽快なイントロがかかり「改めましてDEEP SQUADです! “TRUE LOVE”盛り上がっていきましょう!」という宇原雄飛の煽りとともに始まったのはデビューシングル曲「Get With You」。続いて彼らの知名度を押し上げた2ndシングル「Good Love Your Love」と畳み掛け、画面の向こうの観客のテンションを一気に高めた。彼らの配信ライブはこれで2回目となるが、昨年の初ライブよりも一層グループとしての一体感が生まれており、それぞれの歌声が呼応し支え合いながら高まっていくようなコンビネーションが感じられた。

TAKA

 続く「Just The Way You Are」で真っすぐな愛情を歌った後、MCに入り「CL配信では初のオンラインライブ“TRUE LOVE”、皆さん参加していただきありがとうございます」とYUICHIROが言い、全員が感謝を伝えた。

 そこからは椅子に腰かけて、バラードタイムに突入。「涙が落ちないように」「SORA~この声が届くまで~」「君じゃない誰かなんて~Tejina~」と、ラブバラードの名曲たちを美麗なハーモニーとともに歌い上げた。

KEISEI

 MCに入り、いったん和やかな空気になったところでYUICHIROがアコースティックギターを持ち出し、コメント欄も「なになに!?」と期待が盛り上がる。TAKAから「昨年末にGENERATIONS(from EXILE TRIBE)の『LIVE×ONLINE』に参戦させていただき、最高の2020年の締めくくりができたので、そんなGENERATIONSのメンバーにリスペクトと感謝の気持ちを込めて1曲カバーしようかなと」という紹介とともに、GENERATIONSの楽曲でも特に人気の高いラブバラード「Love You More」のカバーを演奏。原曲のポップで明るいアレンジとはまた異なり、穏やかに染み入るアコースティックサウンドに乗せて繊細な歌声を響かせた。

YUICHIRO

 続いてMCを挟んだ後、「後半戦ここから盛り上がる準備できてますか!」というYUICHIROの煽りからライブが再開。タオル回しとコール&レスポンスがある爽やかなパワーチューン「GO」と、繰り返される<Baby>のフレーズを客席と一体になって歌う楽曲「Baby」を披露。TAKAが画面の向こうの観客へ「聴こえてますよ、届いてますよ!」と言葉をかけていたのが印象的であった。そして再び全員がタオルを回す「LINKS!!」で大いに盛り上がった後、AMAZING COFFEE×ローソンMACHI cafeコラボレーションのイメージソング「AMAZING DAYS」を披露。ゴスペルのような合唱がピースフルなこの曲を、それぞれが優しい歌声で表現していた。

宇原雄飛

 MCを挟み、「プロポーズするシーンを歌った曲ではありますが、DEEP SQUADは皆さんの人生に寄り添っていこうというグループなので、皆さんに向けての愛の歌として歌おうと思います」というTAKAの言葉で始まったのは、2月22日にリリースされた3rdシングル「あなたが迷わずに」。真摯な愛のメッセージを大切に歌い上げ、ライブを締めくくった。

比嘉涼樹

 トークパートでは、杉山亮司の「今回のテーマは“TRUE LOVE”。皆さんと会えない中、僕達が皆さんのことを想っているという愛を全力で届けたつもりなので、届いていたらいいなと思います」という言葉や、YUICHIROの「やっぱり本当は直接会いたいので、会える日が来ることを願うばかりです」など、一人一人が今日のライブの感想と視聴者へ思いを伝えた。

杉山亮司

 ニューシングルに関するエピソードトークの後、特別ゲストとのトークコーナーへ。まず、スケジュールの都合で参加できなかった劇団EXILEの俳優・町田啓太のビデオメッセージが届けられた。コメント欄では「黒沢ー!」と、DEEP SQUADが主題歌を提供したドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で町田が演じていた役名で呼ぶ声も多く挙がっていた。

 続いてゲストのEXILE TETSUYAが登場。DEEP SQUADと共同制作した「AMAZING DAYS」の制作エピソードが披露された後、「いつかリアルライブができた時にお客さんと一緒に楽しめるように」と、TETSUYAが考案したサビの振付を公開。その場でメンバーと視聴者へレクチャーし、「楽しそう」「絶対覚えたい!」と喜びのコメントが多数寄せられた。

EXILE TETSUYA

 そして、3月7日から発売予定のDEEP SQUADとAMAZING COFFEEとのコラボドリンク「ハチミールSQUAD~あなたが迷わずに~」で乾杯し、ゲストトークは終了。最後は、改めて一人一人から感謝の言葉を伝えた。コメント欄からも「これからもついていきます」「素敵な時間をありがとう!」と感動と感謝を伝える言葉が、英語や中国語なども含む多言語で届けられていた。

 “TRUE LOVE”をテーマとした、DEEP SQUADとしては2度目のオンラインライブ。今回、ライブ中盤の「Baby」でYUICHROが<君がいたから乗り越えてこれたんだ>というサビの言葉を画面に向かって力強く歌っていたのに対して、視聴者からも「DEEPがいたから乗り越えてきたよ」というコメントが届いていた。このことが表すようなファンとの“相思相愛”の関係性と、それを築き得るグループとしての魅力を再確認できるようなライブとなった。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)