ガールズグループTWICEが、3月6日19時よりNTTdocomo 新体感ライブ CONNECT Special Live 『TWICE in Wonderland』生配信ライブを実施リアルな世界でつながり合うためにAR(拡張現実)、MR(複合現実)などの最新技術XRを駆使して、配信ライブを”見るもの”から”体験するもの”へとTWICEからのスペシャルなパフォーマンスを届けた。そして、8th SINGLE『Kura Kura』(読み:クラクラ)を5月12日にリリースすることを発表した。

 日本でリリースした楽曲から韓国でリリースした大ヒット楽曲まで、日本のライブ公演としては約一年ぶりとなるステージを披露。

 TWICEがTWICEを待つみんなとまたリアルな世界でつながり合うために、奪われたみんなの「Imagination」を取り戻すためにワンダーランドへ旅するというコンセプト。

 世界中を元気にできるようにという思いを込めて昨年リリースした大人気曲「Fanfare」からスタート。楽曲のエネルギッシュさと9人の久しぶりのライブへの期待が合わさり、キラキラと輝くパフォーマンスに。韓国の大ヒット曲の日本語バージョンも初披露含め、続々と披露。

(撮影=MuCreative)

 「One in a Million! こんばんは!TWICEです。」とお決まりの挨拶!

 サナ「みなさん今日は、 NTTdocomo 新体感ライブ CONNECT Special Live 『TWICE in Wonderland』を見てくださり、ありがとうございます!」

 モモ「なかなか、みなさんと直接会えませんが、久しぶりにONCEと一緒に楽しめる機会を作ることが出来て、本当に嬉しいです!!」と久しぶりのファンに喜んでもらえる機会に、メンバー全員心から喜んでいる!

 モモ「みなさんが参加してくれることで、このワンダーランドは完成します!このワンダーランドの世界で今日は一緒に楽しみましょう!」

 サナ「マルチアングル機能もありますので、普段のライブでは見られない映像も是非チェックしてみてくださいね。」と、まさに”体験するもの”としての次世代のオンラインライブとなっている他、様々な機能でファンが楽しめるコンテンツ盛沢山となっている。

 ミナ「『TWICE in Wonderland』でしか見ることの出来ない何かが起こります!詳しいことはライブ中でご説明しますね。」

 時空を超えた特別な物語を演出し、従来のオンラインライブの枠を超えた臨場感の高い体験とともに、ライブはどんどん展開!新体感ライブ CONNECTの「TIG(ティグ)」機能を使い、ライブ中に披露する楽曲をファンに選んでもらうコンテンツも。

 さらに「TT -Japanese ver.-」ではファンとダンスのコラボレーションが実現。

 「TT -Japanese ver.-」ダンス動画をONCE JAPAN会員(TWICEのファンクラブ会員)から事前に募集。

 応募してくれたファンの皆様の映像がTWICEと同じ画面上に現れる様子は、まさに圧巻。

 ダンスナンバーが続き、日本のライブでは初となる「I CAN'T STOP ME」や「BETTER」を披露。クールでアグレシッブなTWICEのパフォーマンスも披露し様々な表情を魅せる。

(撮影=MuCreative)

 早くもライブは終盤を迎え、サナ「私たちはこのWonderlandの世界から、現実に戻りたいと思います。リアルコンサートができるその日を楽しみにしています。」と次会える希望をファンに伝えライブが終了。

 しかし突如、終了したはずの画面にはナヨンの姿が!

 何かファンに秘密のネタを言おうとしている映像だが、大事な部分で他のメンバーの声に邪魔される。最後、振り切った瞬間VTRが切り替わり、「TWICE JAPAN 8th SINGLE」の文字とともに、TWICE JAPAN 8th SINGLE『Kura Kura』(読み:クラクラ)を5月12日にリリースすることを発表した。

 「Kura Kura」はTWICEのプロデューサーJ.Y. Parkが作詞を担当。

 「君」に出会った瞬間、魔法にかけられ二人だけの世界に吸い込まれたかのように、「君」の魅力にクラクラするほど恋に落ちる。「君」しか見えなくなり、全身で夢中になる姿を歌った一曲として、想像の中での恋が少しずつ現実的な恋に変わっていく姿を表現した。

 TWICEの日本の作品としては今までにない「愛」の形を歌い、益々成長しているリアルな彼女たちの姿が魅せられる楽曲。

 2021年は新体感ライブ CONNECTを皮切りに、コロナ禍で活動ができなかった時間を学びの時間と変えた彼女たちの新しい表現を存分に魅せる一年となる。

 新体感ライブ CONNECTは3月28日(日)23時59分まで見逃し視聴可能。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)