ゲーム実況者わくわくバンドが2月27日、東京・LINE CUBE SHIBUYA配信ライブ『ゲーム実況者わくわくバンド 11thコンサート ~77777~(セブンス・フラット・ファイブ)』を開催した。

 ゲーム実況者わくわくバンドは、ゲーム実況者として活躍している湯毛(Vo/Gt)、ヒラノぴらの(Gt)、フジ(Ba)、フルコン(Dr)、せらみかる(Key)によるロックバンド。1月27日に3rdシングル「心誰にも」(TVアニメ「シャドウバース」EDテーマ)をリリースした彼らは、ロックバンドとしての圧倒的な魅力、エンターテインメント性に溢れた演出を共存させた圧巻のステージを繰り広げた。

湯毛(撮影=Yusuke Satou)

 配信ライブは、LINE CUBE SHIBUYAのエントランスに集合したメンバーの映像からスタート。そのままロビーに入り、客席まで移動。途中、場内に置かれているLINEのキャラクターを紹介するなど、“お客さん目線”で会場を案内する。
ホールに入った5人は、客席に座ってトーク。

「この席(通路後ろの列)はヘドバンしやすいよ」(フジ)

「現地にこなくても観ることができて、雰囲気も感じられて。初めて“わくバン”のライブ見る人、どれくらいいるのかな?」(湯毛)
 
とリラックスした雰囲気で話した後、「初めての配信ライブ、いいものにできるように、楽しんでいきましょう!」(湯毛)と気合いを入れ、そのままステージへ。まずはお馴染みの登場曲でバンドのグルーヴを確かめた5人は、新曲「Masterkey」(3rdシングル「心誰にも」収録)で一気にライブのテンションを高めていく。さらに疾走感溢れるビート、緻密なフレーズ、エモーショナルな歌声がぶつかり合う「時の妖花」を演奏し、最初のMC。

せらみかる(撮影=Yusuke Satou)

「配信をご覧のみなさま、ようこそおいでくんなまし! 楽しいな!」(湯毛)
「お客さんが入らないから、熱気がこもらないかと思っただけど、めっちゃ熱いぞ。(カメラに向かって)おまえら、飛ばしてるな!」(フジ)とメンバーのテンションもいきなり最高潮。メンバー専用のカメラも置かれ、一人一人の表情が映し出されるのも楽しい。

 ここからはアッパーチューンを次々と披露。ヘビィなバンドサウンド、解放感に溢れたメロディ、<激しい風に/飛び込んで行こう>というフレーズが共鳴する「Drive the World」、ドラマティックなアレンジとともにポジティブな思いを解き放つ「毎分毎秒」、そして、“わくバン”の知名度を引き上げたヒット曲「デンシンタマシイ」(TVアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』エンディングテーマ)によってライブは早くも最初のピークへ。邦ロック、ビジュアル系、アニメソング、ゲーム音楽などの要素を融合させた音楽性、生々しい感情が漲るステージングからは、このバンドの個性がはっきりと伝わってきた。

ヒラノぴらの(撮影=Yusuke Satou)

 さらに新曲「心誰にも」もライブ初披露。重厚感とスピード感を同時に放つサウンド、ダイナミックに展開するメロディ、そして、<目覚めろ僕よ まだ見ぬ先の/あの光さえ 追い越して>という歌詞が一つになったこの曲は、彼らの新たなライブ・アンセムになりそうだ。

 わくバンライブの定番曲「Yeah! Super Hyper Fever Five!」の途中で演奏を止め、いきなり“ゲームコーナー”に突入。じつはこれ、彼らのライブの定番コーナー。今回のテーマは「メンバー全員、ゲームが成功するまで終わりま“77777”」ということで、メンバー全員がゲームに挑戦した。「紙飛行機を客席から投げてステージに乗せる」(ヒラノぴらの)、「サイコロを11秒以内に7個積み上げる」(フジ)、「イタイワニ―を7回連続で回避」(せらみかる)、「2階から落としたティッシュを1階で菜箸を使ってキャッチ」(フルコン)、「激ムズのジェスチャーゲームを1分以内に正解させる」(湯毛)をそれぞれクリアし、「Yeah! Super Hyper Fever Five!」の続きを演奏。ゲームコーナーに費やした時間は約40分。この行き過ぎた遊び心もまた、わくバンのライブの魅力だ。

フジ(撮影=Yusuke Satou)

 ファミコン用ゲーム「ロックマン2」のキャラをモチーフにした「エアーマンが倒せない」からは、再び音楽モードへ。スラップベースを軸にしたファンキーなビートを取り入れた「云云」、圧倒的な高揚感に満ちたサウンドに乗せて<それぞれ持つ可能性ひとつ信じて/明日を変えろ!>というメッセージを放つ「シグナル」、ダークにしてエッジーなロックナンバー「感状線」、軽快な4つ打ち、歪んだギターサウンド、シリアスな心象風景を映し出す歌詞が融合した「週末」。これらの楽曲からは、わくバンの幅広い音楽性をたっぷり感じることができた。また、<このまま行くんだ 疑いもなく>というフレーズが響くミディアムバラード「夜よ明けないで」、そして、「いい意味で“夜明け”を捉えられる、俺にしてはいい歌詞を書けたんじゃないかなと思いました」という湯毛の言葉も心に残った。

フルコン(撮影=Yusuke Satou)

 「こういう状況でも、すげえ楽しいものが作れたんじゃないかと思います。みなさんのおかげです。ありがとうございます!」(湯毛)

「みんなが元気じゃないと、配信も観られないと思うから。これからもがんばっていきましょう」(ヒラノぴらの)というコメントから、ライブはクライマックスへ。“わくわくしようぜ!”とオーディエンスを鼓舞する「わくわくフルデイズ」、ポジティブに響くサウンドとともに<まだまだキミはこんなもんじゃないよ>と言うフレーズを届ける「完全幸福サレンダー」で本編は終了。久々のライブを全力で楽しんでいるメンバーの表情も印象的だった。

 数分後、「アンコール!アンコール!」という声が聞こえてきた……と思いきや、実はこれ、客席に移動したメンバー自身の声。客席を通ってステージに戻った5人は、「最後の最後にわくわくしてもらえますか!」(湯毛)と「わくわくマイライフ」を放った。ヒラノぴらの、フジが客席へ移動してパフォーマンスするなど、最後まで遊び心に溢れるステージを展開。前向きな気分と心地よい高揚感が広がるなか、ライブは幕を閉じた。

 初の配信ライブで、楽しさと力強さに溢れたパフォーマンスを繰り広げた「ゲーム実況者わくわくバンド 11thコンサート ~77777~」は、2021年3月2日(火)23時59分までアーカイブ視聴が可能。わくバンにしか体現できないエンターテインメントをぜひ体感してほしい。【森朋之】

▼2021年2月27日(土) 東京・LINE CUBE SHIBUYA LIVE SET LIST

M1 Masterkey
M2 時の妖花
M3 Drive the World
M4 毎分毎秒
M5 デンシンタマシイ
M6 心誰にも
M7 Yeah! Super Hyper Fever Five!
~ゲームコーナー~
M8 エアーマンが倒せない
M9 云云
M10 シグナル
M11 感状線
M12 週末
M13 夜よ明けないで
M14 わくわくフルデイズ
M15 完全幸福サレンダー

En わくわくマイライフ

▼公演情報
公演名:『ゲーム実況者わくわくバンド 11thコンサート ~77777~』
日時:2021年2月27日(土) 開演(配信開始)17:30
会場:LINE CUBE SHIBUYA

<アーカイブ配信チケット販売期間>
3/2(火)17:30まで

<アーカイブ視聴期間>
3/2(火)23:59まで

<チケット販売ページ>
配信プラットフォーム:ZAIKO
https://l-tike.zaiko.io/e/wkwkband11th
※アーカイブ視聴3/2(火)23:59まで

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)