橋本環奈・上白石萌音

 宮崎駿不朽の名作『千と千尋の神隠し』を、橋本環奈・上白石萌音のWキャストで舞台化されることが決まった。東宝創立90周年記念作品で世界初演。『レ・ミゼラブル』のジョン・ケアードが手掛ける。

 舞台化にあたり翻案・演出を手掛けるのは、ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』の世界初演の潤色・演出を担い、そのほか『ナイツ・テイル』や『ダディ・ロング・レッグズ』など演劇史に残る名作を生み出してきた英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード。

 かねてより『千と千尋の神隠し』の大ファンだったジョン・ケアードは、来日の折にスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと対話し、宮崎駿氏との対面も果たし、舞台化の許しを得た。そして、主演の千尋は、人気と実力を兼ね備え、今回が初舞台となる橋本環奈と、ドラマや舞台に加え声優や歌手としても活躍の場を広げる上白石萌音がWキャストで演じる。

 少女・千尋が引っ越し先に向かう途中、トンネルから八百万の神々の世界へ迷い込むところから始まるこの物語。人間の世界に戻るために様々な出会いを経て、生きる力を呼び醒ましながら奮闘する千尋の姿が見どころです。油屋と化した帝国劇場が、観客を「不思議の町」に誘う。

 本作の企画の種が生まれたのは2017年。東宝演劇部からスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに構想を相談して以来実に開幕まで5年の歳月をかけて、今までに類を見ないビッグプロジェクトがついに結実した。

 また、本作を上演する2022年は、東宝創立90周年の年でもあり、2月・3月の帝国劇場を皮切りに、4月大阪、5月福岡、6月札幌、6月・7月名古屋と、4大都市での上演も決定。総力をあげて取り組む。

スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサー:コメント

(翻案・演出の)ジョンはいい奴です。
ぼくも宮崎も彼のことを気に入りました。
カオナシの貯金箱をあげたら、喜んでいた。
今回の舞台で千尋を大きく育てて欲しい。

スタジオジブリ鈴木敏夫

翻案・演出 ジョン・ケアード:コメント

『千と千尋の神隠し』初の舞台化に関わっていることに大変興奮し、光栄に思います。長い間、宮崎駿さんを映画界における卓越した天才、アニメ分野における最も偉大な主唱者だと考えてきました。
私は、宮崎作品の主要なテーマ全てに同調しています。『千と千尋の神隠し』の世界の核をなすテーマ――環境を慮る、自然を敬う、我々に宿る善良な精神の力を信じる、そして世界を良い方向へ変える権限を若者に与える、というテーマに。
スタジオジブリ、その寛大かつ独創的なチーフ・プロデューサーである鈴木敏夫さんとの新たな関係を通じて、「東宝」の愛する友人たちとのパートナーシップを深めることを心待ちにしています。
千尋役はダブルキャストになっていますが、『ナイツ・テイル』で楽しく共同作業をした、素晴らしくて魅力的な上白石萌音さんと再び仕事できるチャンスを得るのと同時に、才能豊かで活き活きと感動的な若手女優、橋本環奈さんとも同様の機会を持つことが可能になりました。
すでに『千と千尋の神隠し』に千時間を費やしていますが、これから費やす幾千という時間も楽しみでなりません。

ジョン・ケアード

『千と千尋の神隠し』

橋本環奈:コメント

――今回、帝国劇場で初舞台に挑戦されるお気持ちをお教えください。

 これまで映画、テレビドラマやCM等様々なお仕事に恵まれてきましたが舞台は今回が初めてとなります。それも歴史と伝統のある帝国劇場で初舞台を飾る事ができ、女優というお仕事に携わらせて頂いている身としてはこんなに幸せな事はありません。映画で初主演を務めさせて頂いた時と同様、舞台で初主演という事は私の人生で当然ながら1回限りの事。

 プレッシャーや不安が無いと言ったら嘘になりますがまずは私らしく、今回の初舞台楽しくのびのびと演じたいと思います。それがお客様方が喜んで頂ける舞台に繋がると信じているからです。

――『千と千尋の神隠し』で千尋役を演じられることへの思いや意気込みをお教えください。

 千尋役を演じさせて頂くと決まった後なんですが実家に帰った時、『千と千尋の神隠し』のパンフレットが出てきました。そのパンフレットを手に取りページを捲りながら、映画を観た時はまだ小学生だった私がこの千尋を演じるんだなと思うとまさに感無量の一言に尽きます。それも世界初公演!日本の宝とも云うべきこの作品はおそらくこれから何回も上演されるのだと思います。その舞台の歴史を自分たちが作ってゆくのだと思うと強く責任を感じます。何年か先の未来に『千と千尋の神隠し』という舞台の第一回、世界初上演を私たちが演じたと誇りを持てるように、命ある千尋として舞台の中で生きたいと思います。

――映画で印象に残っているシーンやご自身が演じられる役柄の印象をお教えください。

 名作揃いのスタジオジブリの作品の中で初めて観たのが『千と千尋の神隠し』でした。DVDで観たのですが衝撃を受けたシーンはお父さんとお母さんが豚に変身してしまうシーンです。

 あまりにインパクトが強く、未だにその時の事を覚えています。食べ過ぎると本当に豚になってしまうんだと子供ながらに思い、すごく怖かったです。笑

 それに湯婆婆との出会い、正体の分からないカオナシ、オクサレさま(河の神)をお風呂に入れるシーン等々ありましたがやはりハクとの出会いと二人が冒険し、飛ぶシーン・・まさに枚挙にいとまが無く印象に残っているシーンばかりなので答えに困りますが考えてみれば全編見どころだからこそ名作なんですよね。千尋に関しては、初めはどこにでもいる普通の女の子だったのが両親を助けるために必死で異世界で生き、奔走するうちに逞しく成長していく姿が、凄く身近に感じるヒロインという印象です。私も見に来ていただけるお客様方に親近感を感じて頂きながら、時には臆病に時には強い千尋を演じたいと思います。

――コロナで世の中が一変しました。改めて観客に生でエンターテイメントを届けることについての思いをお教えください。

 生でのエンターテイメントというのは同じ台本であっても1回1回、命を吹き込んでいき、日々形を変え、進化していく。お客様が観る舞台というのは毎回、唯一無二であると思います。だからこそ台本や段取りにない大小のハプニングも混在し、その場に生きている登場人物達のドラマが生まれるんだと思います。そしてこのドラマを完成させるのに不可欠な存在が舞台で生きている人物たちを見守るお客様だと思います。期待通りであったり、予想を裏切ったりが生のエンターテイメントであってその完成に不可欠のお客様をお迎えして初めて成立するものが舞台というエンターテイメントではないかなと常々思ってきました。是非私たちと共に同じ空間、同じ時間をお客様にも私達役者を通して存在し生きて頂きたいなと思います。

上白石萌音:コメント

――『千と千尋の神隠し』で千尋役を演じられることへの思いや意気込みをお教えください。

 言わずと知れた名作のタイトルロールを演じる日が来るなんて思っていませんでした。時代も国境も超えて愛され続ける作品の1ピースになれるのは大変光栄なことです。既に緊張していますが、素朴で勇敢な少女を、リスペクトを込めて演じさせていただきます。

――演出家ジョン・ケアードとは『ナイツ・テイル』でご一緒されているかと思います。再びジョンと作品を作り上げていくことへのお気持ちをお教えください。

 『ナイツ・テイル』の稽古場は、チーム全員で試行錯誤を繰り返す、とてもクリエイティブな空間でした。あの充実感を再び味わえると思うと胸が高鳴ります。ジョンはとても情に厚い方で、作品とカンパニーのひとりひとりを、心から愛し考えてくださいます。その愛に応えられるよう、日々励んでまいります。

――映画で印象に残っているシーンやご自身が演じられる役柄の印象をお教えください。

 繰り返し見ている大好きな映画です。幼い頃は、千尋の両親が豚に変わってしまうところが恐ろしくて、泣き喚きながらも目が離せなかったのを覚えています。一番好きなのは、千尋たちが銭婆の住処を訪ねるシーンです。何度見ても新鮮な感動があり、歳を重ねるにつれ味わいが深まる。名作の力に脱帽します。

――コロナで世の中が一変しました。改めて観客に生でエンターテイメントを届けることについての思いをお教えください。

 自粛明けに初めて劇場の椅子に座った時、心身が喜ぶのを感じました。配信でも多くの作品を享受できるようになりましたが、それでもわたしはやはり劇場に行きたいと思ってしまいます。人と人との距離が遠くなってしまった今、同じ空間で過ごせることがいかに尊いか痛感しています。本作の上演の頃には、皆様が安心して劇場に足を運べる世の中になっていますようにと切に願っております。

※宮崎駿の「崎」は正しくは山へんに立に可。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)