第7回カバーガール大賞

雑誌の表紙を昨年最も多く飾った女性を表彰する『第7回カバーガール大賞』のファイナリスト45人が発表された。

オンライン書店「Fujisan.co.jp」で取り扱う雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約1万誌を調査。表紙を飾った回数の多かった女性を選定し、表彰する。

今回は、大賞およびエンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞と10代~30代でトップを飾った人の他に、読者やファンに印象的な話題やニュースを届けたカバーガールを讃え、カバーガール大賞実行委員が選ぶ『話題賞』を設ける。また、前回新設した『メンズ部門』も引き続き発表する。

なお、グループなど複数人での表紙も1票と数える。ファイナリストは以下の通り。

新木優子/有村架純/綾瀬はるか/伊織もえ/井川遥/石田桃香/石原さとみ/泉里香/今田美桜/梅澤美波(乃木坂46)/えなこ/遠藤さくら(乃木坂46)/大原優乃/大政絢/奥山かずさ/加藤史帆(日向坂46)/Kanoco/金村美玖(日向坂46)/菅野美穂/小坂菜緒(日向坂46)/齋藤飛鳥(乃木坂46)/齊藤京子(日向坂46)/佐々木美玲(日向坂46)/沢口愛華/白石麻衣/菅井友香(櫻坂46)/高垣麗子/田中みな実/中村アン/西野七瀬/似鳥沙也加/のん/浜辺美波/広瀬すず/深田恭子/桃月なしこ/森星/森田ひかる(櫻坂46)/山下美月(乃木坂46)/ゆきぽよ(木村 有希)/ゆりやんレトリィバァ/吉岡里帆/吉田莉桜/与田祐希(乃木坂46)/渡邉理佐(櫻坂46)

第7回カバーガール大賞・ファイナリスト

第7回カバーガール大賞・ファイナリスト

第7回カバーガール大賞・ファイナリスト

第7回カバーガール大賞・ファイナリスト

アイドル対決

今回は、乃木坂46から齋藤飛鳥、与田祐希、山下美月をはじめ、次世代のセンターとして注目される遠藤さくらも昨年に引き続きノミネート。また、映画『映像研には手を出すな!』に出演した梅澤美波が初のノミネートとなった。

昨年10月に「櫻坂46」から新たに生まれ変わった「櫻坂46」からは菅井友香、森田ひかる、渡邉理佐がノミネート。さらに日向坂46からも佐々木美玲、金村美玖、小坂菜緒らがノミネートされており、アイドル対決も注目だ。

大活躍の女優

前回大賞を受賞した吉岡里帆をはじめ、昨年「乃木坂46」を卒業した白石麻衣や、ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)で共演した石原さとみ、西野七瀬が揃ってノミネート。

他にも昨年『思い、思われ、ふり、ふられ』など3本の映画に出演し、ドラマでも3本の主演を飾るなど大活躍の浜辺美波や、第4回カバーガール大賞で『話題賞』を受賞された田中みな実が初のファイナリストにノミネートされている。

グラビアアイドルの頂点は?

グラビアアイドルを対象に設けられる『グラビア部門』賞。前回の第6回カバーガール大賞でトップ10入りを果たした沢口愛華や1st写真集が発売されノリに乗っている浪速のピーチ姫こと石田桃香。

他にも昨年4月に内閣府「クールジャパン・アンバサダー」に任命され大活躍のコスプレイヤー・えなこたちがノミネートされている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)