コーラスグループとして、由紀さおり、石川さゆり、川中美幸、秋川雅史をはじめ、数々の名だたるアーティストとのコラボレーションを行っている5人組コーラスグループのベイビー・ブーが、男装アイドルグループとして活動する風男塾(ふだんじゅく)が3月17日に発売するアルバム「Funfare」にコーラスで参加したことが2月19日、わかった。

 彼らがコーラスで参加した曲は、同アルバムの最後の曲として収録される「忘れ雪」という楽曲で、今年3月をもって卒業する風男塾のメンバーでリーダーの愛刃健水(あいばけんすい)が、ファンとメンバーへのメッセージを込めたソロ曲として歌っている。

 同曲は、風男塾の生みの親でありプロデューサーを務めていたはなわが作詞・作曲を手掛け、過去に音楽作品を一緒に制作するなど、はなわとも親交があったベイビー・ブーがコーラスとして参加。温もりのある彼らのコーラスが、悲しく切ない別れのシチュエーションにドラマチックに寄り添う一曲に仕上がった。

 今回コーラスで参加したベイビー・ブーのユースケは「初めてこの曲を聞かせて頂いたとき胸の奥をギュッと掴まれました。コーラスをレコーディングした日は『忘れ雪』というタイトルのように珍しく東京に雪が降っていました。卒業や別れは切なくて悲しいことかもしれませんが、少しでも温もりや希望を感じて頂ける曲になったと思います」とコメントした。

 また、今回卒業をする愛刃健水に対しては「かけがえのない仲間やファンと過ごされた時間が、これからの健水さんの人生にとって素晴らしいものになることをお祈りしております」とメッセージを送った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)