主演映画「ある用務員」、舞台「オスロ」でも注目を集めるボーカリスト福士誠治と、映画「オレたち応援屋!!」などの劇伴作曲家としても活躍するキーボーディスト 濱田貴司による音楽ユニット“MISSION”が、3月14日に8ヶ月ぶりの新曲「半人半鬼」「鬼の涙」2曲同時配信することを2月19日、発表した。

 「演技力・表現力」で観る人、聴く人を魅了する映画、ドラマ、舞台で活躍している福士誠治、劇伴作家としても活動を行う濱田貴司の音楽ユニットMISSION が新しい音楽ジャンルとして掲げる「シアターロック」。

 2月19日(金)「シアターロック」の真髄が詰まった映像作品『シアターロック・ザ・ミッション「半人半鬼」』の公開日にMISSIONが劇中に使用された新曲「半人半鬼」「鬼の涙」の配信リリースを発表した。

 映像作品のテーマでもある「半人半鬼」はMISSION 史上最もロックテイストの強い楽曲となっており、濱田貴司の高圧的なサウンドメイキングと作詞家 溝口貴紀のワードアートが人間と鬼の本質を赤裸々に表現。

 同時にリリースされた「鬼の涙」は濱田貴司が「福士誠治の血にそもそもある曲を作った」と語るように福士誠治の歌の力が遺憾無く発揮されたリスナーの胸を熱く締め付ける壮大なバラードに仕上がった。

 MISSIONの2人は「長らく新曲をお届けできなかったファンのみなさんへのホワイトデーのプレゼントになれば嬉しい」と語った。

 「半人半鬼」「鬼の涙」は3月14日(日)各主要音楽配信サイト、サブスクリプションサービスで配信を予定。

作品情報

タイトル:半人半鬼(読み:はんじんはんき)
作詞:溝口貴紀
作編曲:濱田貴司
配信日:3月14日(日)

タイトル:鬼の涙(読み:おにのなみだ)
作詞:溝口貴紀
作編曲:濱田貴司
配信日:3月14日(日)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)