LUNA SEAのギタリストINORANが、2月17日にリリースされるニュー・アルバム『Between The World And Me』のメインとなるキー・ヴィジュアルを発表した。

 今回発表されたメインのキー・ヴィジュアルは先行で公開された写真の世界観を踏襲するかたちとなり、広大な草原の中にINORANが佇んでいる様子を写し出したものとなるが、今回はモノトーン調の色彩で統一された、シックなキー・ヴィジュアルとなっている点が大きな違いである。より、アーティスティックな印象を受けるだけでなく、間もなくリリースとなる新作『Between The World And Me』への期待感も抱かせてくれるアーティスト写真に仕上がっている。

 また、前作に引き続き、マスタリングを担当したのは、グラミー賞を受賞したキャリアを持つSTERLING SOUNDのランディ・メリル氏であり、今作でもその手腕を発揮し、更に進化を遂げたサウンドを完成させている。そして、ランディより、下記のメッセージが届いた。

「INORANがまたすごい作品を完成させた!「Hard Right」や「Adrenaline Rush」はあくまでも激しく、そして心温まるバラード「Heart of Gold」や、とてもドラマチックな「You're Not Alone」など、素晴らしい楽曲がたくさん詰まっていて、皆さんの期待に応えられる仕上がりになっている。こうしてまたINORANのアルバム制作に関わって、彼の魅力を皆さんにお伝えすることが出来て本当に光栄だよ」。

 ランディはこれまで、レディー・ガガやジャスティン・ビーバー、テイラー・スイフト、アリアナ・グランデ、MUSE、アデルなどの作品を担当し、2016 年にはアデルの作品『25』でグラミー賞『最優秀アルバム賞』を受賞している。

 今回そのランディとのタッグが再び実現し、完成した『Between The World And Me』は、時代の最先端とワールドワイドな音づくりを目指し、完成に至ったとも言える渾身作である。その充実した楽曲とサウンドが詰まったINORANのニュー・アルバム『Between The World And Me』は2月17日リリースとなる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)