綾野剛(撮影・小池直也)

 綾野剛、舘ひろし、磯村勇斗、小宮山莉渚が1月29日、都内で行われた映画『ヤクザと家族 The Family』初日舞台挨拶に登壇した。綾野はこの作品を「自分自身の集大成」と語りながら「色々な作品が手と手を合わせて、皆さんの心を華やかにできるような映画を届けたい」と映画界全体で社会に貢献していくことをアピールした。

 映画『ヤクザと家族 The Family』はヤクザという生き方を選んだ男と彼を取り巻く人々を抗争ではなく、家族の視点で描いた壮大なクロニクル(年代記)。少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に綾野剛、綾野演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を舘ひろしが演じる。

 すでに「大傑作」など、大きな話題となっている本作。期待が高まっていることについて綾野は「自分自身の集大成ということは間違いない。自分で最愛の作品なので、自分たちの愛を受け取ってもらえたんだなと思います。受け取ってもらうことがすべて。今の時代に作品がフィットしたというだけじゃない何かがあるんだなと思う」と語った。舘も「試写を見た友人が「泣いた」と言っていたの嬉しかったです」。

 映画のテーマに合わせ舘から継承したことを問われると、綾野は「セリフで解決しなければいけないことが多い中で、舘さんは佇まいで物語がある」と評する。さらに彼が着ていたスーツも舘から譲り受けたものだそうで、舘は「僕が着るよりカッコいいので返してもらいたい」と会場の笑いを誘っていた。

磯村勇斗(撮影・小池直也)

小宮山莉渚(撮影・小池直也)

 また映画初出演ということで、舞台挨拶も初めての小宮山に「ようやくきれいな姿を見せることができた」と言う綾野。小宮山自身も「『カッコいい』という言葉しかないです」と目を輝かせて語る。

 話題は印象に残ったシーンへ。磯村は綾野と小宮山のシーンを上げ「現場でふたりが過ごした時間がなかったら、あの場面が成り立たなかった。それくらい剛さんから愛をもらったんです。愛しいですね、兄貴ですね」と感慨深げ。

 小宮山も「撮影以外にも色々なことを話して、当たり前に見えて宝物なんだなと気づきました」と続け、初の映画出演に緊張してセリフを覚えることしか考えていなかった彼女に綾野と監督が「自然体でいてね」という言葉をかけてもらったことが印象に残っているという。

舘ひろし(撮影・小池直也)

 この映画を誰に見てほしいかという質問には、綾野が「今撮影している現場のスタッフとキャストに観てほしい」、舘が「亡くなった渡(哲也)さんに見てほしいですね」と述べた。さらに磯村は「友達や家族もありますが、少しでも多くの人に観てもらいたい」、小宮山は「家族のみんなに見てもらいたい。感謝を親や姉弟に伝えたい」とそれぞれ語った。

 また終盤には綾野の誕生日が1月26日にだったことで、バースデーサプライズも。本人は少し照れた様子だったが、まんざらでもなさそうに「1月29日生まれの全ての方もおめでとうございます」と呼びかける。舘は「39歳になったの? やりたい放題だよね。いいなあ」とジョーク混じりに祝福した。

綾野剛、舘ひろし(撮影・小池直也)

 最後に綾野が同日公開の映画『花束みたいな恋をした』『名も無き世界のエンドロール』の名前を出し「色々な作品が手と手を合わせて、皆さんの心を華やかにできるような映画を届けたいと思っています。その思いをくんでくださり心から感謝を申し上げます。いつか許された日が来たときは自分から皆さんに会いに行きます。その日を楽しみにしていますので、待っていてください」とメッセージを送った。【取材・撮影=小池直也】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)