V6井ノ原快彦が29日、「みんなのうた」放送開始60年を記念しスタートするプロジェクト『みんなのうた60』のアンバサダーに就任したことがわかった。

 「みんなのうた」は60年に渡り、それぞれの時代に寄り添った歌をおよそ1500曲も届けてきた。60年を迎える今年、「みんなのうた60」プロジェクトとして、1年間番組やイベントなど様々な形で「みんなのうた」の魅力を徹底的に伝える。アンバサダーを務めるのはV6井ノ原快彦。

『みんなのうた60』

 「みんなのうた60」プロジェクトでは、アンバサダーとしてタレントの井ノ原快彦を迎える。井ノ原はV6のメンバーとして、1997年に「みんなのうた」でおなじみの『WAになっておどろう』をカバーし、大ヒットを記録した。そして2017年には、「みんなのうた」がきっかけで、気になるクリエイターに楽曲制作をお願いし、その楽曲が「みんなのうた」で採用され、V6として『太陽と月のこどもたち』を歌った。大人も子供も口ずさめる「みんなのうた」が大好きだという井ノ原が、60周年のアニバーサリーイヤーにその魅力を全力で伝えていく。

井ノ原快彦コメント

 今回アンバサダーを務めさせていただきますが、肩肘張らずに、みんなの心に届くような番組になったらいいなと思います。事務所に入って間もないころ、仲間たちと楽屋にいたとき、僕が『北風小僧の寒太郎』を口ずさんだら、何人かが「寒太郎!」って追っかけの部分を歌ったんです。生まれた場所も育った場所も全然違うのに、みんなが知っている歌があるというのは、本当にすごいことだと思いました。

 また、V6としてはAGHARTAが歌った『WAになっておどろう』をカバーさせていただき、多くの方に知っていただけるきっかけになりました。実は、個人的にクリエイターの方もチェックしています。『すっぽんぽんぽん』を担当されたシンガーソングライターの岩崎愛さんが素敵だと思い、2017年に『太陽と月のこどもたち』を制作いただき、「みんなのうた」でV6として歌わせていただきました。

 今、日本中、世界中が大変な状況にありますが、きっと皆さんのそばには歌があり、その歌のおかげで、楽しかったころを思い出したり、これから先がんばっていこうという気持ちになれたりするはずです。そんな歌が、60年、1500曲も生み出されたわけですから、見るだけで元気になれるような番組になったらいいなと思います。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)