3歳の頃の写真を横に当時を振り返る深川麻衣(撮影・冨田味我)

 深川麻衣、高良健吾、香里奈が今月14日に都内で行われた映画『おもいで写眞』(1月29日公開)完成報告会見に出席。作品のテーマにちなんで、それぞれの幼少期の写真を公開した。

 本作の監督・熊澤尚人氏による同名小説(幻冬舎文庫)が原作。祖母の死がきっかけで故郷で遺影写真の撮り始める主人公・結子の葛藤と成長を描く。

 東京で夢破れた結子は、遺影写真を撮り続けていくうちに、それは単なる遺影写真ではなく、色褪せない思い出を写し出す“おもいで写真”へと変わっていく。

 結子を深川麻衣、結子の幼なじみ一郎を高良健吾、ホームヘルパーの美咲を香里奈が演じる。2019年初夏に富山で撮影された本作。この日の舞台挨拶では撮影や役にどう向き合ったのかが明かされた。

 また結子が、遺影写真を思い出の場所で撮る「おもいで写真」という名前に変えて、100人の遺影写真の撮影を目指すことから、自身の“初出し”のおもいで写真が公開された。

 深川麻衣は、2、3歳の頃の写真。「口をあけてまぬけな顔をしています」とやや照れながら、地元静岡の秋祭りでの一コマであることを紹介。「屋台も出ていて、小さい頃から大好きでした。屋台の上ではっぴを着て、下から母が撮ってくれた写真です。懐かしいです」と感慨深く語った。

 高良健吾は「可愛い」とし、香里奈も「今の“まいまい”(深川のあだ名)の面影がない。元気な感じで、子供らしくて前髪ぱっつんでかわいい」とすると、深川は「家族に切ってもらっていたので前髪ぱっつんなんです」と笑顔を見せて振り返った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)