安斉かれんが、2月10日配信のバラード曲「キミとボクの歌」のリリースに先駆けて、自身がピアノを演奏したショート・バージョンが27日リリースされた。

 希望を抱くからこそ不安が募り、夢を持つことで挫折を知る。この作品は、『 光 = 希望 』と『 闇 = 不安 』の両方を抱えながらも、目の前の日常から逃げず、明日へと向かうしかない、誰しもが心当たる普通の『ボク』と『キミ(家族・友達・恋人)』という、たった2人を登場人物にして描いたドキュメント。

 すぐ隣から語りかけるようなリアリティを持つ『距離ゼロメートルの声』で綴られた「キミ」と「ボク」の世界を、同じく「ピアノ」と「声」というたった2つの音色で表現し、シンプルが故に聴く人の内面によりストレートに響く序章的作品。

作品情報

1月27日リリース「キミとボクの歌(ピアノShort Ver.)」
サブスクリプション音楽配信ストリーミングサービス限定で配信中
https://KalenAnzai.lnk.to/kimitobokunouta_piano

2月10日リリース「キミとボクの歌」
サブスクリプション音楽配信ストリーミングサービス限定で配信。

https://www.youtube.com/watch?v=0kQOtUUrmjM

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)