阪元裕吾監督、近藤雄介、福士誠治、芋生悠、伊澤彩織(撮影・鴇田崇)

 アクション映画『ある用務員』の先行上映舞台あいさつが23日、都内で行われ、主演の福士誠治、芋生悠、近藤雄介、伊澤彩織、阪元裕吾監督が登壇した。

 本作は、用務員としてとある高校で働く主人公・深見(福士誠治)が、暴力団同士の抗争に巻き込まれ、ある理由で密かに見守っていた真島唯(芋生悠)を守るために、9人の刺客たちと死闘を繰り広げていく物語。

 初主演となる本作でスタントなしのアクションに挑戦した福士は、「こうしてみなさんの前に立てたこと、上映できること、うれしく思います」と感謝の想いとともにあいさつ。抗争で散る殺し屋たちの中生き抜く、切なくも強い輝きを魅せるヒロイン・真島唯役の芋生は、「映画で幸先よくいければ、その一年上手くいくと思っているので、広めていただけたら」と大ヒットを祈願した。

 唯と同じ学校に通う不良学生・龍ヶ崎翔太役で、声優としても活躍する近藤は、「初のアクション映画ということで体を作っていったけれど、ほぼしていなくて、ヘンなことばっかりしています(笑)。次はバチバチにアクションをしたいです!」と会場の笑いを誘った。

 本作では殺し屋・シホ役で、今や日本のアクションシーンには欠かすことが出来ない本物の女性スタントでもあり女優の伊澤は、「普段はスタントウーマンなので今回初めてセリフがあって、アクションを楽しみながら福士さんを煽れたと思います。殺し屋9人で福士さんを狙っていきますが、自分のお芝居が不安でつねに監督に大丈夫かか聞いていました」と大胆なアクションとは裏腹に繊細な一面を披露した。

福士誠治、芋生悠、伊澤彩織(撮影・鴇田崇)

近藤雄介(撮影・鴇田崇)

阪元裕吾監督(撮影・鴇田崇)

 長編デビュー後、話題を集めている若手監督のひとりである阪元監督は、「個性的なキャラクターがノンストップで躍動していきます。お客さんがそれぞれを推していける作品になりました」とアピール。MCにモチーフについて聞かれると、「『ダイ・ハード』を小学生の時に観て心躍ったので、そういう作品を目指そうと思って作った作品です」と説明すると、福士が「すげえ大作じゃないですか!」と初耳のように驚いていた。

 会場の温かい拍手を受け福士は、「とにかく現場でこんなに戦った作品はないくらい僕らモテモテで(笑)。どこに隠れていても絶対(刺客が)出てくる。それだけアクションがあります。スタントなしで全部やらせてもらって大変でした。体中が痛かったです(笑)」とコメント。芋生も、「どんどん刺客が出てきます。わたしはアクションをまったくしていないので、参加したいなと思っていました」と笑いながら密かな想いを語った。

 本作は、1月22日から開催中の『未体験ゾーンの映画たち2021』出展作。唯一の邦画作品だが、海外作品とも遜色のないハードなバトルアクションと日本マフィアの抗争を描いた、本映画祭の中でも注目の一作に。1月29日に公開予定。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)