Panorama Panama Townが、1月23日大阪BIGCATで開催された「Mashroom 2021〜Hello new wind〜」のライブ内で第2弾となる新曲「Rodeo」を2月3日に配信リリースすることを発表した。

 今作も、前作に引き続き、サウンドプロデューサーに石毛輝(the telephones、Yap!!!)を迎え、ギターリフが印象的なサウンドに仕上がった。インディーロック、HIPHOPなど彼らがこれまでに昇華してきたサウンドをベースに、贅肉をそぎ落とし、研ぎ澄まされたロックンロール作品となっている。

「Rodeo」ジャケ写

 「Rodeo」は緊急自体宣言下での自粛期間中に、メンバー三人で楽曲制作に向き合ったストリーミング企画“PPT Online Studio”で生まれた楽曲で、リスナーからの指示も高い。石毛氏とのタッグでどのようなサウンドに仕上がったのか。

 アートワークも、引き続き、東京を代表するストリートアパレルブランド“f-lagstuf-f”のデザイナーである村山氏が手掛けている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)