米津玄師「灰色と青(+菅田将暉)」ミュージックビデオのYouTubeでの再生数が23日、2億回を突破した。MV公開より1201日での達成となる。

 「灰色と青(+菅田将暉)」は2017年、米津自身がオファーし、菅田将暉と初めてコラボを行った楽曲で、ここから二人の友情関係がスタートした。2018年1月に日本武道館で行われた公演「米津玄師2018 LIVE/Fogbound」では、二人によるプレミアムな共演が実現し、米津自身は初めてライブが音源を超える瞬間だったとコメントし、菅田将暉との出会いが、非常に大きなものだった事を物語っている。

 「灰色と青」の武道館公演、およびMVは、シングル「Lemon」の映像盤DVDに収録。楽曲は、4thアルバム「BOOTLEG」に収録。2019年に、米津は、菅田将暉に「まちがいさがし」の楽曲提供を行っている。

「灰色と青(+菅田将暉)」MVキャプチャ

 米津玄師のMVは「Lemon」が日本人アーティスト最多となる6億再生を誇り、1億再生超えタイトルは全14作品。(「Lemon」「アイネクライネ」「LOSER」「ピースサイン」「灰色と青(+菅田将暉)」「orion」「Flamingo」「打上花火」「春雷」「パプリカ」「馬と鹿」「感電」、Foorin「パプリカ」、菅田将暉「まちがいさがし」)YouTubeチャンネル登録者数は日本人アーティストとしてトップの567万人、チャンネルの総再生回数は33億回超えなど日々記録を更新中である。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)