Snow Manが、22日放送のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に出演。新曲「Grandeur」を披露すると、ネット上で大きな反響を集めた。

 20日にリリースした「Grandeur」は、フランス語で「雄大さ、壮大さ」「気高さ、高貴さ」を意味する。常に進化していくSnow Manに相応しい楽曲で、グループ史上最高のシンクロダンスが見どころとなっている。

 この日は、彼らのデビュー記念日。楽曲披露前には、ラウールが、「今日、デビューして1年が経ちました。2年目のスタートダッシュを皆さんにお届けできたらと思います」と笑顔で挨拶。9人の息の合ったダンスに、ネット上では、「Snow Man最高!」「毎度最高を更新している」と反響が上がっていた。

 また、メンバーが着用した衣装にも注目が集まっていた。この日披露した赤の衣装は、昨年のクリスマスに放送された『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020』で着用する予定だったもの。

 メンバーが新型コロナウイルス感染により、出演することができなかったため、リベンジとなった。「リベンジをしてくれてありがとう」「この衣装着れてよかった!」「みんなが見たかった衣装をデビュー日に見れてうれしい!」との声が集まった。
 

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)