(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会(C)Tomoko Yamashita/libre

 岡田将生、志尊淳、平手友梨奈が出演する映画『さんかく窓の外側は夜』(1月22日公開)。波乱の展開を匂わす本編映像が解禁となった。

 【動画】解禁となった本編映像

 本作は、霊が<祓える男>冷川(岡田)と、霊が<視える男>三角(志尊)の二人が 、“除霊”という特殊能力を使い、未解決事件に挑む、除霊ミステリーエンターテイメント。呪いが生んだ連続殺人事件の謎に隠された真実に、冷川と三角の心霊探偵バディはたどり着けるのか――?

 冷川と三角の心霊探偵バディが、呪いを操る女子高生・エリカと出会い、真の敵(!?)“先生”と呼ばれる存在に挑んでいくきっかけとなる、貴重なシーンの本編映像が解禁となった。

 今回解禁された本編映像は、冷川と三角がエリカに対して、「刑事・半澤(滝藤)の妻・冴子(桜井)にかけた呪いを解いてほしい」と依頼をするシーンから始まる。父親の指示で呪い屋をしているエリカだが、冴子にかけた呪いには、「貯金箱」という人々の穢れを貯めておく装置のエネルギーを使ったため、自分だけでは解けないという。その装置を作ったのは、筒井道隆演じる“先生”と呼ばれる、エリカやエリカの父が所属する宗教団体の教祖だった。

 さらに映像では、実は”先生”が冷川の記憶にも潜んでいることが明かされ、これまで謎に包まれてきた冷川の過去に一歩踏み込む、今後の展開にとって鍵となるシーンだ。

 エリカに記憶を覗かれて動揺を隠せない冷川、不審そうに冷川を見つめる三角、そしてこれまでとは違う表情を見せ、徐々に2人に心を開いていくエリカ・・・と、 “先生”という謎めいた存在が現れたことで3人の関係性にも少しずつ変化が現れ、事件の謎と3人がたどり着くラストに向けて、物語が一気に加速していく。

 呪いが生んだ怪奇事件の先にうごめく“先生”の存在に行き着いた冷川、三角、エリカの3人は、自分の過去や孤独、自分自身と向き合い謎を紐解いていけるのかー?

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)