INTERVIEW

大谷満理奈

STU48連載企画
〜こんな時代こそ、アイドルが必要だ。〜


記者:木村武雄

写真:

掲載:21年01月22日

読了時間:約8分

 STU48が2月17日に6thシングル「独り言で語るくらいなら」を発売する。穏やかな大海原を爽やかな風を帆に受け、ゆっくりと進んできた彼女たち。更なる活躍が期待される今年は日本武道館公演も実現させ、いよいよ彼女たちが先頭を切る大航海時代の幕開けを感じさせる。その最初のシングルで示すのはこれまでの雰囲気とは異なる楽曲だ。選抜メンバー16人はどのような思いで臨んだのか。16人全員のインタビューを16日間連載する。

日本武道館のステージに立つ大谷満理奈

◆大谷満理奈
 「不思議キャラと言われることが多くて、なんか独特です」と笑う。グループでどういう立ち位置かと聞けば「それはさておき、ありちゃん(峯吉愛梨沙)が一番好きです。癒されます」とはぐらかす。

 昨年4月、髪をバッサリ切った。「切りたい思いが強すぎて自分で切っちゃいました!」。思い切ったセルフカットだった。「コロナ禍で何か変わりたいと悩んだ結果、ああいう形になりました。変なところで思い切りがいいんです。後悔はないです」とほほ笑む。

 自分では「不思議キャラ」とは思っていない。「『せとチャレ!STU48』でMCを務めた時、ニッチェさんの近藤さんに『変わっているね』と言われてそうなのかなって。私自身は変なキャラに思われたくなくて(笑)」

 取材中ずっと笑顔だ。明るい雰囲気があるが、それには理由がある。

 「私、STU48のなかで一番変わったと思うんです」

 「まず首の位置が変わりました。ずっと下を向いていたけど前を向けるようになって。実はもともと自信がなかったんです。だけど前よりかはついてきて。2年前の『暗闇』の頃、ふと選抜に入りたい、頑張ろうと思うようになり、そこから見た目も気にするようになりました」

 なかでも前髪はポイントだという。

 「前髪は命です!大事です!印象は変わります!これまでは前髪の先端は直角に曲げていたんですけど、今は滑らかなカーブになっています!」

 表現は“独特”だが、自信をつけるために磨き続けてきた5年だったことが分かる。表情に表れない思考の痕跡が見える。

 これまでの活動で印象に残っているのはAKB48「LOVE TRIP」のパフォーマンス。STU48チャリティーコンサートツアーで初めてセンターに立った。

 「真ん中だから全体が見えて一層楽しめました。プレッシャーですか?それはないです。でも…私ネガティブで…。センターだと曲の雰囲気を変えることもできるけど、後ろだと周りに『もっと踊れるんじゃないの?』と思われていないか評価が気になっちゃう。センターならたとえ間違っても雰囲気が違ってもその人のカラーになるので、評価は気にならないんです」

 確かにセンターが変われば楽曲の色は変わる。そのセンターを軸に世界観を広げられる。

 そんな彼女の今年の目標は「楽しむ」こと。それはなぜか。

 「自分が心から楽しいなと思うとファンの方も楽しんでいる様子でした。それを知った時に作り笑いではなく心から楽しまないとファンのかたも楽しんでくれないんだと思って。アイドルというのは誰でもなれるものではないですし、STU48の1期生は8000人の中から選ばれた人たちで、恵まれている環境。だから楽しまないとだめだなと。根はネガティブだけど、楽しみたいですし楽しめるようになってきています」

 周囲の声が気になってしまうとも明かした大谷。それを克服するために「自信をつける」ことも一つの手段といえる。“前髪”への意識はそうした自信に繋げる自分磨きの表れだ。そして、自信が付けばおのずと楽しめるようになる。となれば、大谷が語った「楽しめるようになってきています」という言葉に、そうした変化が見える。彼女は成長し続けている。

こんな時代だからこそ「アイドル」としてできることは何か。

 自分磨きとSNSです。今の期間だからこそ学生で言ったら新学期に向けて垢抜けよう!そんな時期だなと思います。そしてなんといっても、今はSNSの時代なのでそれを活用してがんばっていきたいです。なので、自分磨きとして服装のセンスと顔面偏差値を上げたいです!SNSではもっとメンバーの可愛さと自分の魅力をみつけて更新し続けたいです。

写真のエピソード

大谷満理奈が提供した写真

 今年初の手袋をした日です。私は手袋を全然しなかったのですが突然急に寒くなり始めたので、今年の初めての手袋をつけた日の写真でした。

6thシングル「独り言で語るくらいなら」インタビュー

――新曲の印象と、それをどう捉え、臨みましたか。または自身と重ねた点があるとしたら?

 このシングルのMVでは見ていただければわかるのですが、サビの振りがいくつかに分かれています。。その部分のところの振りの表現の大きさを自分なりに少し変えて挑みました。

――印象に残っている歌詞は?

 「ブツブツ呟いてたって 誰が耳を傾けるんだ」です。MV撮影でリップシーンの時に、聴きながら「確かに」と共感しました。ブツブツしゃべっているだけでは伝わらないなと。テレビに出演してもブツブツしゃべったら使われませんし(笑)。私自身そういうところもあるので、オンエアで使われるようにはっきり物事を伝えたいと思います(笑)

――レコーディング秘話、自身が担当した歌唱パートについて。

 歌が上手なほのたん(矢野帆夏)と一緒にレコーディングをしたのでとても緊張しました!!!ほのたんとの落差が出たらどうしようと。私自身は気にしないけど、レコーディングのエンジニアさんやレコード会社の方の顔が気になって…「これ違う」と思われたら嫌だなって。どうしても周りの顔を伺っちゃいます。

――振付はどうでしたか。

 辻本知彦さんに振り付けをしていただいて、今回もオリジナリティのある振りがあり凄いなと思いました!

――そのMVの撮影はどうでしたか。

 映像を見せていただきながら撮影をしたのですが、今までとは違った世界観でとても綺麗でした!

――この楽曲に、MVに、歌詞にこれまでのSTU48にないものがあるとしたら?

 STU48でははじめての室内(スタジオ)で撮影しました!これまでのMVは外での撮影が中心だったので今回は寒さがなくて嬉しかったです(笑)。風は吹かないし、気温(室温)を気にすることもないのでこの環境だからこれまでよりもっと頑張れるだろうって(笑)。ハードでしたが気持ち良く踊れました!

――ご自身にとってこの曲はどういうものになりそうですか。

 いつもとは違った曲調ですし、メリハリがあって壮大です。センターも変わり、新しいSTU48が見せられると思います。

 ◇

日本武道館のステージに立つ大谷満理奈

 2021年1月15日、STU48初の日本武道館コンサートが行われた。憧れのステージでアンコールを含め全22曲を披露した。夢舞台に立ったのは1期生・ドラフト3期生。そして、6thシングルの選抜に入った2期研究生、高雄さやか、原田清花が一部参加した。

――日本武道館コンサートを振り返っていかがですか。

 私の憧れの人たちが立っていた武道館は遠い場所だと思っていたので、ステージに立てて一生の誇りだなと思いました。それと色んな人が立ってきた場所だからか、プレッシャーじゃないですけどいい意味での圧を感じました。私は本番ギリギリまであまり緊張することがなくていつも通りギリギリまでは緊張していなかったのですが、緊張の度合いがいつもより上がっていました。

 いつもなら歓声があるのですがコロナ禍で、声だしがなしでした。でも歓声がなくても盛り上がっているのが分かって、自分自身も楽しめました! コンサート中で印象に残っているのは、岡田奈々さんが絡んできてくださったところです。女神様が手を取ってくれた気分でした。

 今回は「独り言で語るくらいなら」を初披露させていただきました。お客さんが動画をとる「撮影OKタイム」でもあったので間違えたら一生残るというプレッシャーがありました(笑)。課外活動ユニット「STUDIO」でのパフォーマンスもありましたが、去年一番一緒にいる時間が長かったユニットだったので安心感がありました。あとSTUDIOの持ち曲「which is which」ではみゆみゆ(門脇実優菜)とみちゅ(今村美月)のダンスでの身体の反りがいつもより反れていた気がしました(笑)。

 改めて、武道館のステージに立てたことで自分に自信がついた気がします。けれど、今の私は見た感じ武道館でコンサートをしたと周囲に言っても、信じてもらえない気がするので、もっとアイドルとしての自分を磨いていきたいと思いました。

プレゼント情報

Twitterフォロー&リツイートで抽選で1名様にサイン入りポラロイドプレゼント。

【応募方法】
・@MusicVoiceEntをフォロー
・下記のツイートをリツイート

【応募期間】
・2月14日〜2月22日23時59分まで。

当選された方には、TwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

【注意事項】
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は応募対象外となります。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・転売行為は固く禁止させていただきます。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事