松村北斗

 松村北斗(SixTONES)、森七菜、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、耶雲哉治監督が20日、都内で、映画『ライアー×ライアー』(2月19日公開)完成報告イベントに出席した。キャストそれぞれが「オモテの顔」と「ウラの顔」を明かした。

 松村北斗と森七菜が初共演にしてW主演を飾る本作。松村は女子高生姿の義姉・湊を別人のみなだと信じて、ベタ惚れしてしまう透役で“女癖の悪いクール系モテ男”の顔と、“とことん一途な甘々男子”の顔を演じ分け、そのツンとデレのギャップで全女子を沼に突き落とす。

 森七菜は、“潔癖症の地味系女子大生・湊”と、“JK&ギャルメイク・みな”として透に一目惚れされてしまうキャラクターをコミカルに演じ、実写映画初の主演となる本作で新境地を開拓する。

 ラブコメと聞いて当初は“壁ドン”などを想像していたという松村は「僕には出来なと身構えた」とうが、脚本を読み「キャラクターが素直になればなるほどときめく。これなら僕にでもできるのかなと安心しました」と振り返った。

 森とは初共演。その森は事前に松村の事を調べたものの「調べれば調べるほどミステリアスになりました」。その状態のまま撮影に臨んだがより分からなくなったシーンがあったという。「クールなイメージを持っていましたが、両手を振るシーン、あれはだぶんアドリブだと思うけど、あれをパッとやられた瞬間にそういうこともできる方なんだとよりミステリアスになった」と明かした。

 ジャニーズ事務所の同期・七五三掛龍也も「俺から見てもミステリアスです」と同意され、松村は「何十年一緒にいて? なら森さんがそう思うのはしょうがない」とうなづいていた。

 この日は、物語にちなんで各キャストの「オモテの顔」と「ウラの顔」が明かされた。

 松村は「僕は人見知りですが、みんなには結構明るいと言われて、この現場明るかったですか?」とキャストや監督に問うと、監督は「人一倍明るかった」。それに意外な表情をする松村は「人当たりも良いキャラクターだったようでびっくり。僕はひとりで家でラジオを聞いて相槌して満足しているタイプ。シリとの会話を1、2時間できてしまう」と素性を暴露。更に「友達の多い人と思われているかもしれないけど、結構なのけものです。次会う時にハードルが上がるので人として足りない人だなと思って下さい」と笑いながら呼びかけた。

 そんな松村に、森は「シーンによってテンションが違っていた気がします」と明かすと、心当たりがあるようで「確かに」とうなずいていた。

 改めて松村は「嘘をテーマにした映画ですが、嘘をテーマしたことで純粋な事や素直な事にスポットライトを浴びる結果になりました。こういう時代だからこそ嘘や真実、純粋を見て頂ける良い機会。僕らも見て悪い気持ちはまったくしなかった。良い気持ちをもって僕も帰ってもらったのでぜひ」とアピールした。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)