STU48連載企画
〜こんな時代こそ、アイドルが必要だ。〜

薮下 楓


記者:木村武雄

掲載:21年01月17日

読了時間:約8分

 STU48が2月17日に6thシングル「独り言で語るくらいなら」を発売する。穏やかな大海原を爽やかな風を帆に受け、ゆっくりと進んできた彼女たち。更なる活躍が期待される今年は日本武道館公演も実現させ、いよいよ彼女たちが先頭を切る大航海時代の幕開けを感じさせる。その最初のシングルで示すのはこれまでの雰囲気とは異なる楽曲だ。選抜メンバー16人はどのような思いで臨んだのか。16人全員のインタビューを16日間連載する。

日本武道館のステージに立つ薮下 楓

◆薮下 楓
 2019年8月22日、山口・下関港で停泊の船上劇場でサプライズ登場し、活動再開を伝えた。翌月14日にもインテックス大阪で開催されたAKB48との初の合同握手会のステージにサプライズ登場し、ファンの前で挨拶。約3カ月半体調不良で活動休止していた薮下は声を震わせ、改めて再開させることを報告した。

 「当時は正直、怖かったです。ファンの方に会うのも久しぶりでしたし、事前に伝えていませんでしたので、受け入れてもらえるのかという怖さがありました」

 しかし、歓声と拍手が彼女を包んだ。

 約3カ月半でメンバーは著しく成長を遂げていた。

 「そうなるとは思っていましたが、復帰後、みんなが落ち着いて大人に見えました。でも焦りはありませんでした。そういう思いを抱えたまま復帰するつもりはなくて、ファンの方にも休止前に『強い自分になって帰ってきます』と約束したので」

 自分自身は「個性があるとは一度も思ったことはないです」

 最初の頃は個性がないことへの焦りはあった。しかし、「個性がないことも個性。私みたいな人がいるのもいいかなって思えました」

 そう切り替えられたのはファンの声。「『楓ちゃんはそのままでいいんだよ』と言ってくれたのが大きいです」

 将来の夢についても明確にあるわけではない。「もともと欲がなくて、将来の夢と言われても明確なものはなくて、積み重ねた先にあるかもしれない。それを楽しみにいろいろとやっていきたいと思っています」

 ただグループとなると夢は明確にある。「大きくなりたい」

 「これまではグループ内の立ち位置やポジションを考えていました。それが完全に無くなったわけではないけど、グループをもっと大きくするには一つにならないといけないと思い始めてから、自分というのはなくなりました。大きな変化だと思います」

 コロナ禍でのステイホームの影響も大きい。

 「家にいることが増えて自分自身と向き合う時間が増えて、自分について、グループについて考える時間が増えました。どんな大人になりたいかから逆算して今できそうなことをノートにかきだしてみたり、ひたすらぼーっとしたり…。その中で自分自身、いっぱいいっぱいなことが多かったけどSTU48というグループが大きくなるために頑張ろうって気持ちが強くなりました」

 これまでの活動を振り返り「自分の力でどうにか出来ないことの方が多くて、たくさんの人の支えがあって、お仕事をたくさんやらせていただき、何事もやってみるっていうので目の前のものを楽しくやらせていただいたと思います」とも語る。

 そんななか、STU48の代名詞、船上劇場「STU48号」がその役目を終える。

 「自分たちのシンボルであり、ホームだったから、それがなくなったあとのSTU48が最初はわからなくて頭の中が疑問だらけで今まではいただいたものをやらせていただいている感覚がどこかにあったけど、今は自分で動かなきゃとか自分のやりたいこととかを自分で見つけたいって船をきっかけに思うようになりました」

 個人としては、MBSラジオで自身初の冠番組『STU48 薮下 楓の楓のショー』を担当。「STU48という子がいるんだということを発信して、ファンの人が増えたらいいなと思っています」

 そんな彼女の今年の目標は「笑顔で過ごす」こと。

 「今年だけでなく生涯の目標です。いろいろとあるけれど、笑顔で過ごしていれば、楽しいかなって。最後に笑っている方が良いですからね」

 STU48号に代わるシンボルがあるとしたら、彼女達の笑顔もその一つと言えるだろう。

こんな時代だからこそ「アイドル」としてできることは何か。

 ファンの人を喜ばせたいという思いがあるなかで、何ができるのか色んな人に相談したり、今でしたら配信がありますので、会場に来られない方もカメラ越しで楽しんで頂けるようなこともやっていきたいです。私たちに何ができるのかということはずっと考えていますが、世の中がいつどうなるか分からない分、そういうことを考え続けるのは大切だと思います。

写真のエピソード

薮下楓提供写真

 新年1発目の愛猫です。2匹飼っていますが、懐く方とそうではない方がいて、写真は私だけに懐く方です。

6thシングル「独り言で語るくらいなら」インタビュー

――新曲の印象と、それをどう捉え、臨みましたか。または自身と重ねた点があるとしたら?

 壮大な始まりのイントロが好きです。歌詞を見て言っているだけじゃなくて行動にしなきゃいけない、想っているだけじゃなくて自分で見ないといけない意味だと自分は思ったので、迷っている中でも強さがでるように頑張りました。

――そのなかで印象に残っている歌詞は?

 「最初の反抗は 空気が清々しい」です。

――レコーディングの秘話、自身が担当した歌唱パートはいかがでしたか。

 練習を何度も行ったのですけど、自分が思っているよりレコーディングで歌うと歌い出しが低くて難しかったです。ひなちゃんと一緒にとったのですが、ひなちゃんのレアな低めの声が聴けてなんだか優越感がありました!

――振付はどうでしたか。

 今回も辻本先生に振り付けをしていただきました。サビとかはリズムに乗っている感じで覚えやすいのでみなさんもぜひ一緒にやってみて欲しいです!人差し指を口にあててシーってする振り付けがかわいくてお気に入りです。

――MVの撮影はどうでしたか?

 STU48初めてのスタジオ撮影だったので寒くない!!がみんなの印象だったと思います。色んな角度からダンスシーンをとっていただいたので楽しみです。あとは瀬戸内のロケにも参加させていただきました。すごく綺麗に繊細にとっていただいてそっちも注目です。

――走っているシーンは?

 天気が良くて自然光がめちゃくちゃ気持ちよかったです。寒くもなく暑くもないちょうどいい気温で、撮影にいたメンバーと「あと何回だ!」「お腹空いた!」と言いながら頑張りました。

――STU48のMV撮影は「あと何回だ!」が多いですね。

 よくテイク数が増えるんですよ(笑)。「あと1回」と言っても10回はある。なのでいつも、「いまあと何回って言ったからね」とアピールするんです(笑)

――アップの表情は何を意識されていましたか。

 この曲は歌詞や曲調からも、力強過ぎないというか、良い意味でふわっと抜け感のある表情が出来たらいいなと思い、あの表情にしてみました。他の曲でも表情を意識することは多いです。私は伝えることができるタイプではないので、特に意識しています。日頃から歌詞をよく読んで落とし込むようにしていて、何かを演じているような感覚です。

――この楽曲に、MVに、歌詞に、これまでのSTU48にないものがあるとしたら?

 これまでは景色が中心のMVだったのですが、今回はメンバーの顔も結構うつっているとおもうのでファンの方は嬉しいのではないかなって思います。その中でも瀬戸内のロケを行い、STU48らしさももちろんあって今までにない感じに仕上がっていると思います。楽曲としてはやっぱりイントロからAメロにかけての入りが大好きです…。

――センターが石田千穂さんになって思うことは?

 壮大な曲で、それをゆみりん(瀧野由美子)から、千穂ちゃんになることで色味も変わってくると思います。カラーが増えるので、可能性が広がると思います。

――ご自身にとってこの曲はどういうものになりそうですか?

 歌詞がすごく刺さる曲で歌っていて難しいけど自分と似ているところもあるから気持ちを伝えやすいのもあって、だからこそたくさんの人に伝わるようにこの曲を大切に歌っていきたいなとおもいます。自分もこの曲を聴いて行動しようって思う節があったのでそういう面でも大切にしたいなって思います。

 ◇

日本武道館のステージに立つ薮下 楓

 2021年1月15日、STU48初の日本武道館コンサートが行われた。憧れのステージでアンコールを含め全22曲を披露した。夢舞台に立ったのは1期生・ドラフト3期生の23人。そして、6thシングルの選抜に入った2期研修生、原田清花、高雄さやかが一部参加した。

――日本武道館コンサートを振り返っていかがですか。

 気持ち良かったです! 終わった直後はもう1回できるぐらいの感覚でした(笑)。ステージからお客さんを観たときは嬉しくて。武道館に立っている実感は節々で得ていましたし、ステージも幅があって長かったので走っている時も改めて感じられて。声援はできませんがお客さんの熱も感じていましたし、アンコールの時も拍手をして下さって、裏でもみんなで「拍手している!」と感動していました。MCでメンバーが話をしている時も、頷いて共感して下さっているのは表情からも分かって同じ気持ちなのかなと思えて嬉しかったです。何よりも「独り言で語るくらいなら」初披露でお客さんが動画を撮ることも初めてだったので頑張らなきゃって。たくさん拡散して欲しいです。武道館という夢舞台を経験して一つ成長できたと言いますか、アイドルとしてもレベルが上がったと思います。

プレゼント情報

Twitterフォロー&リツイートで抽選で1名様にサイン入りポラロイドプレゼント。

【応募方法】
・@MusicVoiceEntをフォロー
・下記のツイートをリツイート

【応募期間】
・2月12日〜2月20日23時59分まで。

当選された方には、TwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

【注意事項】
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は応募対象外となります。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・転売行為は固く禁止させていただきます。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事