2019年3月突如YouTubeに現れた”Anonymouz”(アノニムーズ)が、全て日本語で作詞をした楽曲「足りないよ」を2月11日に配信リリースすることが1月16日、わかった。

 彼女が制作したJ-POPの英語カバー動画は、巧みな翻訳技術と、ピュアで伸びやかな歌声が話題となり、瞬く間に1,100万回以上再生されている。

 今冬、オリジナル楽曲「Eyes」でのソニーXperia5IICMタイアップソングを担当し、彼女の美しい歌声が日本中を駆け回りさらに話題に。

 そんな彼女がこれまでに発表したオリジナル楽曲はほぼ英語にて作詞されていたが、全て日本語で作詞をした楽曲「足りないよ」を2021年2月11日に配信リリースする。

「足りないよ」ジャケ写

 「足りないよ」は彼女が15歳の時に書き下ろした楽曲で、愛しい相手に対する深い愛情を表現した儚くも美しい楽曲に仕上がっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)