amazarashが15日、新EP「令和二年、雨天決行」より「世界の解像度」のMVを公開した。

【動画】公開された「世界の解像度」のミュージックビデオ

 この楽曲はEPの二曲目に収録された楽曲となり、秋田ひろむから見た景色を歌った楽曲で、聴く人により異なるそれぞれの視点を繋ぐことで違った景色が見えるのではとの構想から制作された。

 MVは様々なアーティストを手掛ける新進気鋭の作家、小島央大が担当し「世界の解像度」をキーワードに人が世界を見る視点が大きく変わるような起点として「死」と「生」に直面する場面を軸に、楽曲の多様なテーマ性を解釈して制作された。

「世界の解像度」MVキャプチャ

 今の自分自身の感情状態によって楽曲の世界観の中でどのように物語の二人が映るのかも同時に感じられる作品となっている。

 この楽曲が収録されるEP「令和二年、雨天決行」には「令和二年」を始め、「馬鹿騒ぎはもう終わり」「世界の解像度」など5 曲の新曲が収録される他、初回限定生産盤には弾き語りで未発表曲の「積み木」、インディーズ時代の楽曲「東京」を含む全8曲が収録されるのに加え、秋田ひろむがこれまでリリースされた

 ライブ映像作品よりセレクトし、各タイトルに当時の気持ちをポエトリーリーディングで紡いだ「amazarashi LIVE selection 2012 ~ 2019」の映像が90分を超える尺で収録される他、ステッカーセットが付属される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)