安斉かれんが、2月10日に自身初のバラード曲「キミとボクの歌」をリリースする。また、それに先駆けて、1月27日には、本人自身がピアノを演奏したショート・バージョンを先行配信することが1月15日、わかった。

 希望を抱くからこそ不安が募り、夢を持つことで挫折を知る。この作品は、“『光=希望』と『闇=不安』の両方を抱えながらも、目の前の日常から逃げず、明日へと向かうしかない、誰しもが心当たる普通の『ボク』と『キミ(家族・友達・恋人)』という、たった二人を登場人物にして描いたドキュメントだ。

『キミとボクが重ねてきた言葉たちも、誰にだって、届かないものだよ』

『キミとボクの明日なんて世界中の人には、ちっぽけで、下らない事だよ』

 この曲を聴いて、あなたは誰を思い浮かべるだろうか?

 安斉自身が作詞だけでなく作曲にも携わった前々作「GAL-TRAP」で、既に片鱗を見せていた、すぐ隣から語りかけるようなリアリティを感じさせる『距離ゼロメートルの声』の真価が問われる等身大の希望と不安を歌うバラードで、彼女が見せる新たな一面(声)を傾聴して欲しい。

 先行配信されるピアノ・バージョンでは、そんな「キミ」と「ボク」という2人の世界を、「ピアノ」と「声」というたった2つの音色のみで表現している。シンプルが故に、聴く人の内面によりストレートに歌詞が響く序章的作品に仕上がった。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)