ロックバンドTHE ORAL CIGARETTESの山中拓也が、3月2日に初著書「他がままに生かされて」を発売することが1月13日、わかった。

 山中拓也が吐く、弱さを強さに変える至言集ロックバンドTHE ORAL CIGARETTESで、作品の作詞作曲を手掛けるフロントマン、山中拓也。彼が紡ぐ、人間の本質を表す言葉は、なぜ多くの若者を虜にするのか。そして、いかに生み出されるのか。生死をさまよった病、愛する人の裏切り、声を失ったポリープ手術etc. そこには数多の挫折や失敗があり、周りにはいつも支えてくれた家族や仲間、恩人たちの存在があった。

 そんな彼の半生や人生観。過去と未来のこと。今の時代に伝えたいことを綴ったフォトエッセイ。

 故郷・奈良の思い出の地巡り、ドイツや国内で撮影した作品写真、貴重なレコーディング風景など撮り下ろし写真も多数収録。

 山中拓也は、これまでもこれからも、他に生かされて我がままに生きていく。2021年に30歳という節目を迎える彼のすべてをさらけ出した一冊が完成。

本書概要

定価(本体1,900円+税)/A5判 224P
ISBN:978-4-04-605087-8/発行:株式会社KADOKAWA

<目次から(予定)>
■第1章 
汚れた感情の向こう側
■第2章 
絆の音色
■第3章 
他者という名のフィルター
■第4章 
未来をつくる輪廻

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)