“小説を音楽にするユニット”YOASOBIが、新曲「怪物」のMVを1月13日22時にプレミア公開することが12日、わかった。

 2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、現在ストリーミングでは3億回再生を突破。国内の各種配信チャートでも1位を席巻、複数カ国のバイラルチャートにもランクインし、2020年の年間Billboard JAPAN総合ソング・チャートとストリーミング・ソング・チャートでは1位を獲得、『第71回NHK紅白歌合戦』にも出場した。

 今年の1月6日にリリースした1stEP「THE BOOK」は、”小説を音楽にする”というコンセプトを表現したまさに”読むCD”ともいうべき豪華な仕様が大いに注目を浴び、オリコンデイリーアルバムランキングでは初登場2位、配信サイトのアルバムチャートでは軒並み1位を獲得。

 そんな彼らの新曲「怪物」のミュージックビデオが1月13日22:00にYouTubeでプレミア公開することが決定した。

「怪物」MVキャプチャ

 この楽曲は、フジテレビ「+Ultra」ほかにて毎週水曜日24時55分から放送中のTVアニメ『BEASTARS』第2期オープニングテーマ。

 オンエア中のオープニング映像でも楽曲とアニメ作品のリンクの強さが話題となっているが、本ミュージックビデオはアニメ本編の制作スタジオでもあるオレンジが手掛け、BEASTARSの世界観を存分に表現したシンクロ率120%のコラボレーションMVとなっている。

 主人公・レゴシの葛藤と決意を描き、疾走感とダークさを纏ったYOASOBIの新境地楽曲「怪物」と融合したハイクオリティな映像となっている。

 なお「怪物」は、「BEASTARS」原作者の板垣巴留先生による完全書き下ろし小説『自分の胸に自分の耳を押し当てて』をもとに制作されている。

 小説はアニメ公式サイト「MUSIC」タブ内にて読むことができる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)