安田レイの新曲「Not the End」が、1月17日からスタートする日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」の挿入歌に決定したことが11日、わかった。

 日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」は、サバイバル×ラブストーリー×ミステリーの3つの軸が絡み合う、極限の人間ドラマ。

 自動車整備工として働く間宮響(竹内涼真)が高校時代からの恋人・小笠原来美(中条あやみ)にプロポーズしようとしたその日、トンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまい命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変。誰もいない街。大破した交通網。届かない電波。

 街中に残された血痕。“世界の終わり”のような極限状態にひとり取り残された響は、必死に来美を探すが…。サバイバル×ラブストーリー×ミステリーという3つの軸が絡み合う“極限の人間ドラマ”が描かれる。Season1(全10話)が日本テレビ系にて、Season2(全6話)が「Hulu」で放送・配信される超大作のドラマとなっている。

 そんなドラマの挿入歌を、安田レイの新曲「Not the End」で彩る事が決定。

 「Not the End」はドラマのために書き下ろされた楽曲となっており、作詞は安田レイが担当。生活が一変した現代の世の中とドラマの世界を重ね合わせ、これだけは手放したくないという本当に大切な物を想って書いたという。

「Not the End」通常盤ジャケ写

 「Not the End」は更に胸を締め付けるようなミディアムバラードに仕上がっていて、2月24日にCD発売される事も決定。更に、CD発売に先駆け2月7日から先行でダウンロード配信・ストリミング配信がスタートされる。

 今作「Not the End」のアーティスト写真・ジャケット写真は、安田自身のアイデアでスクラップ工場で撮影された。壊れてしまった物の中からでも大切な物を大事にしていきたいという思いが表現されている。

「Not the End」初回盤ジャケ写

安田レイ コメント

日常を奪われた私たちの今の毎日は、不安で、孤独で、悪夢のよう。

いつまで続くのか、その答えは神のみぞ知る。でも、いい意味でいろんな価値観が変わりました。

そしてその感情は、このドラマの物語ともとてもリンクする部分が多いと思います。

今まで気付かなかったけど、本当なら何も見えないはずの暗闇の中で、実は大切なものってちゃんと光ってる。

家族、友達、恋人。もちろん、今までも大事だった。でも、たくさんのものを奪われて、色んな物の本質が見えてきました。

素敵なお家がなくても、この仕事がなくても、私たちは生きていけるけど、大切な存在がいなくなったら、私はどう生きていけばいいかわかりません。それこそが本当の悪夢。

そんな大切な人を思い浮かべながら歌詞を書かせていただきました。

怖いけど、大切な人と共に生きていきたい。そんな強いメッセージを届けたいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)