関西ジャニーズJr.内のグループ、「なにわ男子」「Aぇ!group」「Lil かんさい」の3組が、2018年に開設されたYouTube公式チャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』に参戦することが発表された。かつて、デビュー前のSixTONESやSnow Manも参加していたチャンネル。とくにSixTONESは、このチャンネルがきっかけで、世界各地で展開している「YouTube アーティストプロモ」キャンペーンに抜擢され、飛躍のきっかけにもなった。まさに、次世代スターへの登竜門にもなったYouTubeに参戦は、3組にとって大きなチャンスとも言えるだろう。

 YouTubeのほかにも、ドラマ出演の機会も増加中の3組。今年4月には、3組から選抜された14人が、ドラマ『ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情』(ABCテレビ・テレビ朝日)に出演することが決定。現在、このドラマに出演するためのオーディションが実地されており、昨年11月に誕生したユニット・「Boys be」など若手グループの抜擢も期待される。

 その他にも、道枝駿佑(なにわ男子)が、TOKIO・長瀬智也主演ドラマ『俺の家の話』(TBS系)に、末澤誠也(Aぇ!group)は、『知ってるワイフ』(フジテレビ系)で同じく関西ジャニーズJr.出身の先輩・大倉忠義(関ジャニ∞)と共演することが決定している。また、なにわ男子の大西流星は、累計発行部数20万部超えの人気コミックの実写化『夢中さ、きみに。』(MBS・テレビ神奈川ほか)でドラマ単独初主演を務める。

 ドラマ出演も増え、YouTube参戦も決定した関西勢にとって、今年が飛躍の1年になることは間違いないだろう。早速YouTubeでは、初回からドッキリを仕掛けたりと、彼らの魅力であるノリの良さや面白さを見ることができた。これからも、関西ならではの面白さを発信していって欲しい。

 また、彼らのもうひとつの魅力は、アットホーム感にあると思う。ジャニーズJr.同士の関係性はもちろん、先輩とも固い絆で結ばれている。例えば、昨年の7月に関西ジャニーズ勢が集結した生配信ライブ『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~』で、直属の先輩である関ジャニ∞や、ジャニーズWESTと接する姿は、先輩・後輩というよりも、まるで家族のような温かい雰囲気があった。

 なかでも、関西ジャニーズJr.のプロデュースをしている関ジャニ∞の大倉と横山裕が、彼らに指導をしている時の眼差しは、まるで息子を育てる親のよう。「絶対に後輩たちをスターにする」という強い想いから、時には厳しくゲキを飛ばし、時には優しく背中をさすってあげる。そんな先輩たちとの強い絆は、彼らが高みを目指していく上で、大きな力となることだろう。

 関西勢のYouTube参戦は、開設時から参戦しているTravis Japan、HiHi Jets、美 少年などのグループにも大きな刺激を与えるはずだ。同チャンネルでは、『全グループ対抗!【運動能力テスト】』などグループ合同企画も度々実地されている。そのため、関東と関西の垣根を超えた対決なども、見どころになってくるだろう。ドラマ出演など躍進が続く関西ジャニーズJr.。YouTube参戦がさらなる飛躍に繋がることを期待したい。【かなぴす】

筆者紹介

かなぴす メディア学科卒のライター。19歳の頃から109ブランドにてアパレル店員を経験。大学時代は学生記者としての活動行っていた。エンタメとファッションが大好き。ツイッターは@kanawink

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)