ベリーグッドマンが10日、グランキューブ大阪 メインホールで、昨年末から開催している『TEPPAN TOUR 2020-2021 〜改めて言うよ、出会えて良かった〜』の大阪公演を行った。

 昨年秋、大阪・舞洲“空の広場”行われた【“TEPPAN”発売&結成7周年記念・超好感祭2020~ドライビングパーティー編~】を経ての有観客ライブ。本公演は、国からのガイドラインに沿った、各会場キャパシティーの50%以下の動員で開催され、どの会場も徹底した感染拡大対策のなか細心の注意を払って行われた。

 オープンニングSE・カウントダウン映像が流れ、ワクワクさせるライブスタートの合図に、集まったファンはメンバーの登場を大きな拍手で迎えた。ファーストナンバーは、昨年リリースされたアルバム「TEPPAN」に収録されたハイテンポな楽曲「No Live, No Life」、続けて「Future」。ネオン缶をモチーフにしたカラフルな電飾で彩られたベリグらしい派手なステージ、ライブチューンに会場は一気にベリーグッドマンのライブの感覚を取り戻す。

Rover(撮影=渡邉一生)

 地元・大阪の盛り上がりに興奮気味なMOCAから『2020年もいっぱい悔しい思いしたし、2021年もまだまだ悔しい思いしそうやけど、そんなみんなに応援歌持ってきました』と今回のツアー開催に至るまでの苦悩を噛みしめながら、会場に足を運んでくれたお客さんを包み込みように「ライトスタンド」を熱唱。

 MCでは、改めてメンバーから新年の挨拶・自己紹介がされ、お客さんのコールが禁止になったこのツアーで習得した新たなコールアンドレスポンスの形、メンバーの掛け声に合わせて手拍子で反応してもらうコールアンドクラップを楽しんだ。

 Roverから、『2021年、年が明けて不安なこと、コロナがどうなるかです。そして僕たちの音楽活動がどうなるかです。ただ、僕たちは元気いっぱい今日もやってますし、これからも変わることなく頑張っていこうと思います。』と決意を込めて「ライオン」を歌唱。メンバー・ファンが拳を振り上げ、想いを一つにした。

 次曲に向けて、HiDEXがアコースティックギターを手にし、チューニングを始めると、ベリーグッドマンのライブの醍醐味、RoverとMOCAの茶番トークが繰り広げられた。先ほどまでのおもしろトークとは打って変わって、ギターの音色と共に、「おとん yat〜」をしっとり歌いあげた。

HiDEX(撮影=渡邉一生)

 後半戦では、盛り上がり必然の楽曲「Supernova(KSUKE Remix)」「Trip」「TTS」でダンサー・サポートDJ MANA-Bとともに息の合ったパフォーマンスを披露。ファンも力を出し切るように、曲に合わせ飛び跳ね会場を揺らし、本編ラストスパートに向けて一体感を高めた。

 本編最後には、『また今年も頑張っていきたいと思います。皆さん、くれぐれも体には気をつけて、心だけは健康で、この一年突っ走って頂けたらと思っております。僕たちも音楽で皆さんのことを応援し続けられるような一年間になったらなと思っています。』と昨年コロナ禍に作られた新たな応援歌「Dreamer」を、拳をあげて熱唱しステージを後にした。

MOCA(撮影=渡邉一生)

 過去のアンコール音源が流れ、会場からはコール代わりの大きな手拍子、これまた賑やかな演出のなかメンバーが再登場。アンコール一曲目「Good Time」を歌い終えると本編の賑やかさから一転、落ち着いたトーンでリーダーRoverが丁寧にファンへの感謝を伝えながら、東京・LINE CUBE SHIBUYAでの追加公演の発表を行った。

 「日頃報道などで伝えられている通り、現在も新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない状況が続いております。このコロナ禍の状況でライブというものに対して様々な意見がある中ではありますが、僕たちは少しでも可能性があるなら前向きに考えていきたいと判断しまして、まだ会いに行けていない関東で、来月2月20日に東京LINE CUBE SHIBUYAでTEPPANツアーの追加公演を行う事を決定しました。本来であればいつもの様に映像などで告知したかったですが、今回は僕たちの口から直接皆さまへお伝えしたいと思いこの様な形を取らせていただきました。来月末とはいえ、もちろん今後の感染拡大の状況により、開催が困難と判断される場合には公演を中止する可能性もございます。正直なところ、利益だけを考えたらこの公演はやらないほうがいいとも考えましたが、それでも僕たちはライブができる状況が整うのであれば、それに向けて皆さまの安全を第一に考えつつ、僕らの歌でみなさんに元気をお届けする選択しました。実施する以上は政府から発表されているガイドラインに沿って、スタッフ・僕らメンバーは皆さまに安心してご来場頂けるよう万全の体制を整えて参ります。コロナが収束に向かって、皆さんと元気でお会いできる事を楽しみにしています」

 コロナウィルスに見舞われてからも、常にファンのことを考え、エンターテインメントの中で奮闘し続けるベリーグッドマンらしい直球勝負の言葉に会場からは大きな拍手が送られ、公式インスタグラムの生配信(アンコールパートのみ配信)では「口で伝えてくれる優しさ」「決断ありがとうございます!」「この状況でも前向きに検討してくれている(涙)」等、前向きなコメントが寄せられた。

 MCの後は、卒業式ができなかった学生とともに作った「#みんなと作った卒業ソング」、頑張る人に贈る「ファンファーレ」を力強く歌唱。

ベリーグッドマン(撮影=渡邉一生)

 本公演のラストには、このTOURのサブタイトルにも歌詞が引用されている「アイカタ」。歌い出す前、Roverは『なかなか普段言えない大切なHiDEXとかMOCAとかにも歌にのせれば伝えられるんじゃないかなって思って、作った曲です。大切な人、皆さ
んにもいると思います。一人一人思い浮かべて聞いてもらえると嬉しいです』と曲に込めた想いを伝えた。曲の途中でMOCAは『べりふぁむ(ファンの呼称)と俺等のことですよ』と声をかけた。

 〜改めて言うよ、出会えてよかった〜日頃から応援してくれている全ての人へ、ベリーグッドマンの想いが届くよう、しっかり歌われ本公演は終了した。

セットリスト

TEPPAN TOUR 2020-2021 〜改めて言うよ、出会えて良かった〜
2021年01月10日

M1.No Live, No Life
M2.Future
M3.ライトスタンド
M4.Color
M5.ベリーグッド
M6.ライオン
M7.ダイヤモンド
M8.STAY GOOD
M9.おとん〜yat〜
M10.Supernova (KSUKE Remix)
M11.Trip
M12.TTS
M13.友達の歌
M14.Dreamer

En1.Good Time
En2.#みんなと作った卒業ソング
En3.ファンファーレ
En4.アイカタ

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)