ROLAND

 ROLANDが10日放送のTBS系「林先生の初耳学」に出演。海外のサッカークラブを経営することが夢と明かし、欧州No.1を決めるUEFAチャンピオンズリーグに出場することを目標に掲げた。

 【写真】反響を集めている横浜流星とROLANDの2ショット

 この日の放送に林修氏との対談形式のインタビューで登場したROLAND。新型コロナウイルス感染症の影響が続く現状だが、コロナ後を想定した中でどのような展開を考えているのか林氏は尋ねた。

 これに「基本的には、自分が実業家としてやっているものって利益を求めてやっているよりも、自分がやりたいからやっているもの」と語るROLAND。そのためコロナ後にやりたいというものはなく、「自分がやりたいことをずっとやり続けられることが自分の理想の人生」と語った。

 その上で林氏が具体的に描いている事業について聞くと、ROLANDは「自分の心が一番動く瞬間ってなんだろうって最近考えていたときに」と自らの経験を踏まえながら言及。

 「素敵な女性と飲んでいたりとか、おいしいご飯を食べたり、旅でいろんな素敵な景色を見たりとか」と心が動くシチュエーションを口にしたうえで、「それ以上に一番動くのが僕、やっぱりサッカーが好きだったので」とし、欧州で開催されているUEFAチャンピオンズリーグを持ち出した。

 ROLANDは試合で流れる“アンセム”に心を動かされたという。「そのアンセムを聞いたときの心の高まり具合は、どんな女優さんと遊んでる時よりも、どんなおいしいご飯を食べている時よりも、その瞬間が一番興奮できる」ということに気づいたようだ。

 自らの人生をかけて叶えたい目標として、「選手としては無理かもしれないですけど、クラブを経営するっていうのは一個やってみたいこと、ていうかやりますね」とし、サッカークラブの経営を目標に設定していることを明かした。

 イギリスのプレミアリーグで、「3部でもいいんですけど」としながらも2部、1部に昇格していずれはチャンピオンズリーグ出場を目指していきたいと目標を語るROLAND。この番組での発言がメディアを通しての“初出し”ともなり、「宣言したからにはやりたい」と野心的に語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)