新春!生配信イベントに出席した板垣李光人、浜辺美波、城桧吏

 浜辺美波、城桧吏、板垣李光人が10日、映画『約束のネバーランド』(公開中)新春!生配信イベントに出席した。城は今年の抱負を漢字一字で「力」と書初め。「いろんな力を付けたい」と意気込んだ。

 原作・白井カイウ氏、作画・出水ぽすか氏による同名漫画の実写映画化。孤児院(グレイス=フィールドハウス)を舞台に鬼の食用児として育てられた孤児が脱獄する姿を描く。

 公開24日が経ち、昨日までで113万人を動員。主人公・エマを演じた浜辺は「観てくれて嬉しい」、公開後密かに劇場で観覧したというノーマン役の板垣は「ノーマンのシーンですすり泣く声が聞こえて嬉しかった」と振り返った。

 レイを演じた城も、「学校の友達から見たよと。『本当に面白しろかった』『もう1回観に行きたい』と言ってくれて本当に嬉しかった」と喜んだ。

 孤児院のある草原のシーンは長野県の山奥で撮影されたことはすでに明かされていたが、現地のホテルから朝5時に支度して出て、1時間かけて移動。更にそこから衣装やメイクをした状態で撮影現場まで“登山”したという。

 「体力が削られた」という浜辺に対し、早起きが好きという城は「(共演の)小さい子供たちとワイワイ騒ぎながら登っていました」と語った。

 その城も、撮影自体は「全てが大変だった」とし、「撮影が始まる1カ月前から稽古して、撮影が終わって一安心したところで声変わりして…」と振り返った。

 城は、レイを演じるにあたって、役作りのため監督に「力では止められないから感情で止めろ」と相撲を取ったことを明かしている。初日舞台挨拶でも「相撲に勝てる男になる!!」と目標を掲げていたが、「頭の中で一生消えることがない」と改めて触れた。

新春!生配信イベントに出席した板垣李光人、浜辺美波、城桧吏

 この日は新年の抱負を漢字一字で書初めした。左利きの城は苦手だといい事前に練習をしたそうだ。書いたのは「力」。「いろんな能力を身に着けたいです。実際の力(体力)や感情面での力(精神力)、いろんな面での力を身に着けていきたい」と意気込んだ。

 新成人となった浜辺からは、板垣と共に「このままいい子で育って欲しい。とにかくいい子だったら誰かが助けてくれる。成長しながら大事なものは変わらずに生きて欲しい」と願わられた城。

 自身はどんな大人になりたいかと聞かれ、「人助けや困っている人を助けたり、頼られる人になりたい」と答えると、“お姉さんのよう”と慕う浜辺からは「心の底から思っているところが良い子。そういう子のまま、たぶん人を助けるんだろうなと。私自身、心が綺麗になりました」と称えられた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)