瑛人(C)2021 Disney/Pixar.

 ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』(ディズニープラス独占配信中)にストリートミュージシャン役でカメオ出演している瑛人が劇中でも披露している「愛に満ちた世界」を歌うスペシャル映像が公開された。

 【動画】瑛人スペシャル映像

 プロのジャズ・ミュージシャンになる夢を叶えたい音楽教師“ジョー”と人間に生まれたくないソウルの女の子“22 番”の、“人生のきらめき”をめぐる冒険が描かれる本作。

 瑛人は主人公のジョーが居合わせたニューヨークの地下鉄のホームで、弾き語りをしているストリートミュージシャン役を担当している。配信後、瑛人が歌う「愛に満ちた世界」が反響を呼んでいる。

 この度公開となったスペシャル映像では、瑛人が「愛に満ちた世界」を歌う様子が収められている。

 物語の舞台となる魂<ソウル>の世界には、<ゾーン>と呼ばれる、楽器の演奏や演劇、スポーツなど、物事に深く集中し、意識が無我の境地に入った“生きている人”の魂が訪れる空間が存在する。

 歌っているときが“人生のきらめき”だと明かしている瑛人は、ジョーが<ゾーン>に入って演奏することに共感できたそうで、「その時の感覚は無に近いというか、自分が歌っていることを忘れる…何も考えていなくて、終わった瞬間に『あれ?何だ?』となることがあります。『今のは楽しかったぞ』みたいな。」と、そのときの感覚を語った。

 紅白歌合戦の出場や元日にはアルバムが発売されるなど、大きな話題を呼んでいる瑛人が歌う「愛に満ちた世界」は、本作の劇中に登場している。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)