King Gnu常田大希が、NHKスペシャル・シリーズ『2030 未来への分岐点』のテーマ音楽を制作。1月8日にNHK総合でその創作現場に長期密着したドキュメンタリー番組「常田大希 破壊と構築」が放送される。

 人気ロックバンドKing Gnu(キングヌー)のメンバーとして作詞作曲を担い、若者たちの熱狂を集めている常田。その彼が純粋に創造性を追求するために結成したプロジェクトがある。それ「millennium parade」(ミレニアムパレード)だ。多彩な才能が集結するこのチームを率い、今回NHKスペシャル「2030 未来への分岐点」のテーマ音楽制作「2992」を担当。

「常田大希 破壊と構築」

 オーケストラと現代の音楽を常田にしかできないバランスで融合させた楽曲で挑んだ。そこにはミレニアム1000年後にも残る作品を生み出したいという壮大な夢が込められていた。今回millennium paradeとオーケストラの総勢30名以上によるスペシャルパフォーマンスをテレビ初披露する。

「常田大希 破壊と構築」

常田大希コメント

 今回NHKスペシャルの主題歌と劇中音楽のオファーを頂きました。NHKスペシャルの思い出はアウシュビッツ収容所の特集回が特に印象に残っていまして、世界大戦時の人間の愚かさや恐ろしさを浮き彫りにしたそのドキュメンタリー映像を今でも鮮明に覚えています。社会問題と真摯に向き合うNHKスペシャルに協力が出来てとても光栄に思います。

 それに伴い私のアーティスト活動に完全密着したNHKドキュメンタリーも放送されるという事で、最近毎日のように密着されてる訳ですが、ただ黙々と作品製作を進めるだけの地味な日々ばかりにも関わらず音楽家の日常なんて基本的にはそんなものなのです、ドキュメンタリーチームは朝から晩から、時には朝から晩から朝まで中々しぶとく食らいついてきますね。お互い本気ですね。

浅野忠信コメント(ナレーション担当)

 もともと常田さんの音楽が好きだったんですが、その才能がずば抜けていることを改めて感じました。これからの音楽界を支えてくれると思うとすごくワクワクします。そして、番組では彼が有名になる前の模
索していた時代が描かれているんですが、その当時の仲間と今も活動をともにしているところに人柄を感じたし、なんだかほっとしました。

番組情報

ドキュメンタリー「常田大希 破壊と構築」

放送予定
2021年1月8日(金)午後10:00〜10:44(総合)
再放送1月13日(水)午前1:19〜2:03 ※12日深夜

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)