柴咲コウ

 柴咲コウが5日、自身のインスタグラムを更新。新年の挨拶と共に幼少期の自身と見られる写真を投稿した。

 【写真】少女時代の柴咲コウ。「面影ある」「可愛い」と反響だ

 柴咲は「謹賀新年」「時代を感じる写真」と綴り1枚の写真を添えた。ピンク色のワンピースにピースサインの“少女”が写っている。

 柴咲は、合わせてハッシュタグで「#お正月つながり」「#映え写真が一切ない今年のお正月」「#本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます」と綴った。

 この投稿に清川あさみは「小さな頃から知的感」、蜷川実花も「もお、かわいすぎる」とコメント。ファンも「もぅ美人がわかる」「面影めっちゃある」「かわいい」などの声が寄せている。

 柴咲は昨年、日本テレビ系ドラマ『35歳の少女』で、5年ぶりの民放連続ドラマ主演を務めた。10歳の時に事故に遭い、25年後に目を覚ました“35歳の少女”時岡望美の成長を描いたドラマで、心は10歳だが、体は35歳という難役を好演した。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)