【第71回NHK紅白歌合戦/12月31日/101スタジオ】星野源が「うちで踊ろう(大晦日)」を披露した。

 ステイホーム期間中に星野がSNSで投稿した楽曲「うちで踊ろう」。この楽曲に新たに2番が加わったバージョンがこの日、初披露された。

 今回の歌詞について星野は歌唱前に、「今この時間を生きているみなさんに向けて、生活しているみなさんに向けて一緒に心の内側で踊りたい、そういう気持ちを込めて新しい歌詞を書きました」と、想いを伝えた。

 冒頭は、年越し、未来へ向けての希望あふれる内容をギター弾き語りスタイルでしっとりと歌い上げる星野。そして星野は立ち上がり、バンドイン。バンドメンバーがいるステージへと移動すると軽やかなステップを踏みながら星野は1番を歌唱。

 そしてこの日初披露の2番では、歌唱前に星野が寄せたメッセージが言葉として、歌として表された。この現状においての<うちで踊ろう>という内容が伝えられた。

 Twitterでは「2番が、じわじわ身に染みてくる」「どう生きるのか。どう変わるのか。改めて考えるきっかけになりました」など、反響を集めた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)