【第71回NHK紅白歌合戦/12月31日/NHKホール】氷川きよしが「限界突破×サバイバー」を披露した。

 昨年は龍に乗ってのパフォーマンスが話題となった氷川きよし。今年はどんな演出をみせてくれるのかと期待に沸く総合司会の内村光良をはじめとする司会陣。さらなる“限界突破”に挑む氷川はハードロックサウンドに包まれながらのシャウトでスタート。

 楽曲中盤では限界突破ダンサーズが中央に集まり氷川は“早着替え”を見せ、赤のレザーの衣装に変化。そして限界突破ダンサーズがカメラの視界を覆うと、氷川は天井から吊されるスタイルで姿を現し、空中に待浮かびながら歌唱。

 そのままボルテージマックスのまま終演。氷川のステージングを受け、内村は「彼が飛んだ!」と、興奮気味に絶叫し氷川のパフォーマンスを絶賛した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)