【第71回NHK紅白歌合戦/12月31日/NHKホール】SixTONESが「Imitation Rain」を披露した。

 紅白リハーサル時の囲み取材で田中樹は、「この大変な年の集大成を、みなさんの前でパフォーマンスして、多くの人の心にどう届くのか、緊張感がありつつも今からワクワクしています。一緒に出場するはずだったSnow Manの分までパフォーマンスできたらと思います」と、語った。

 そしてジェシーは、「YOSHIKIさんに楽曲提供してもらった『Imitation Rain』の歌詞とメロディー、パフォーマンスを見ていただけたらと思います」と、想いを伝えていた。

 そしていざ本番、紅白初出場となったSixTONESはステージ前、ジェシーは「とても緊張しているんですけどTVの前にいるみなさんにズドンと見せつけたいと思います」と、頼もしい手振りと共にカメラ目線。そしてパフォーマンスではYOSHIKIの音楽家としての手腕、珠玉の“アレンジマジック”が光る楽曲「Imitation Rain」を披露。

 美麗なピアノのフレーズからギターの印象的なフレーズ、タイトなビート。それらのサウンドカラーと同化するような所作、表情でエモーショナルな歌唱を魅せる。転調部分ではステージは紅色に染まり、SixTONESの燃え盛るような情念がステージ上に広がった。今年デビューにして華々しい1年の締めを飾るステージングで魅了した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)