【第62回 輝く!日本レコード大賞】乃木坂46が「世界中の隣人よ」で優秀作品賞を受賞した。

 4年連続優秀作品賞、2回大賞と獲っているの乃木坂46。ライブ前には今年を振り返り「初めて配信ライブに挑戦させて頂いて、今までとは違った形にはなったんですけどファンの方とコミュニケーションがとれたので凄く素敵な年になったかなと思います」と語る。

 披露する「世界中の隣人よ」について、「今年は人と人との距離が開いてしまった年になったかと思うんですけど、そんな中でもこの私達の楽曲で、聴いてくださるみなさんの心に寄り添えたらいいなと思いますし、今この瞬間もたくさんの方のために戦ってくださっている医療従事者の方のパワーに私達が少しでもなれたらいいなと思うので、そんな気持ちを込めて歌いたいなと思います」とコメント。

 ゆったりとしたフォーメーションからの導入、優しく歌い出しサビではシンクロした振り付けで壮大な楽曲のサウンドと共に輝かしい姿のパフォーマンスで魅了した。

 Twitterでは「自粛期間中元気を貰った」「今年の終わりに、この曲を聞く意味があった」など、反響を集めた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)