【第62回 輝く!日本レコード大賞】LiSAの「炎」が日本レコード大賞を受賞した。

 受賞した瞬間のLiSAは両手で顔を覆い、手を開くと涙目の表情を見せた。

 「凄く嬉しいです、ありがとうございます。本当に今回は私がこうやって立たせて頂いていますが、作詞作曲していただいた梶浦(由紀)さんはもとより、『鬼滅の刃』原作の吾峠(呼世晴)先生、ユーフォーテーブルの皆さん、アニプレックスの皆さん、ソニーミュージックの皆さん、ファンの皆さん、本当にたくさんの方に支えて頂いたと思っています」

 司会の安住紳一郎アナから上京した時のことを聞かれると、「母と喧嘩して出てきました。こんな所に立てる未来は全く想像せずに出てきました。 皆さんと歩んできた先にこんな未来があって本当に幸せです。ありがとうございます」

 ライブに入るとLiSAは涙をこらえつつも堂々とした歌唱を魅せた。サビでは力強くも切なさも含んだ、そして受賞の喜びと感謝の意も混じりあったような表情で歌い上げた。

 楽曲が終わるとLiSAは天を見つめ、爽やかな顔で会場中からの祝福を受け、『第62回 輝く!日本レコード大賞』は締めくくられた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)