【第71回NHK紅白歌合戦/12月30日/リハーサル】6回目の出場となる山内惠介が、紅白のリハーサルに臨んだ。山内は「恋する街角」を歌唱する。

 以下、山内惠介コメント

 今年は「恋する街角」という2008年に発売した曲で、僕のコンサートではなくてはならない曲で、選んでいただきました。この歌で、山内惠介は「けいちゃん」という掛け声をいただけるようになりました。コンサートならではの雰囲気で、しかもオーケストラスタジオでお届けする、50人以上いらっしゃる、豪華な大みそかにふさわしいアレンジになっていると思います。ぜひとも見ていただきたいと思います。

 今年は、盛り場に元気がないということで、この歌は盛り場を舞台に、夜の街角の男女の恋が描かれているので、そういう意味でもエールを送れるかなと思います。リズムもあって、とっても楽しい歌で、「ほっーほー」という決まり文句、キャッチーなフレーズがあるので、それこそ老若男女の皆さんに楽しんでいただける歌になるのかなと思います。紅白で初めて知る方も多いと思うので、紅白で歌った後、どんな風にこの歌が皆さんに広まっていくのかが楽しみです。

山内惠介

▽第71回NHK紅白歌合戦 概要

 毎年、NHKホールから生放送で届けている『NHK紅白歌合戦』。今年はNHK放送センター全体が舞台になる。主なステージは「NHKホール」「101スタジオ」「オーケストラスタジオ」「審査員ルーム」の4会場。各会場のステージならではの“スペシャルな演出”が行われる。「今こそ歌おう みんなでエール」をテーマに、日本中の視聴者に歌でエールを送る。コロナによって傷ついた人や 疲れ切った人々の心を癒し、少しでも明るい気持ちで2021年を迎えられるような歌の数々を届ける。

 総合司会は内村光良と桑子真帆アナウンサーが務める。紅組司会の二階堂ふみと白組司会の大泉洋は初の紅白司会、内村は4年連続の総合司会となる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)