物語の鍵を握る役どころに臨んだゆな

 現役高校生モデルで動画クリエイターのゆなが、ドラマ『誰がピザを食べたのか?』(12月28日有料配信)が撮影秘話を明かした。

 高校時代の同級生4人が、在学時に屋上から転落した仲間がなぜ命を落としたのか真相を追うミステリーサスペンス。ゆなは物語の鍵を握るナミ役で出演する。

 レストランを舞台に、食事を楽しみながら観劇する体験型エンターテインメント“劇メシ”の、初ドラマ化作品となる。

 役どころを、ゆなは「ミステリアスで、少し変なところは大人びているけれど、自分の欲求に忠実な性格です。性格は私とは正反対ですね。でもお母さん思いなところは似ているかな?と思います」と話す。

 撮影は今年11月に実施された。重要なシーンは、学校の屋上で雨に打たれる場面。「新鮮で楽しい撮影でした」と振り返りつつ、「ほぼ1発撮りの撮影だったので、ド緊張でセリフを噛んでしまって、少し前から言い直すことになったときは恥ずかしかったです。もう頭がパニック状態でした!」と笑った。

ずぶ濡れシーンに臨んだゆな

 ただ、ゆなの演技について清水憲一郎監督は「脚本を読み込んで自分なりに“ナミ”という女の子像を落とし込んでいて、自然体な演技を見せていました」と評価した。複雑な家庭環境、友人関係を背負いながらも気丈にふるまうナミを、ゆながどう演じるのか、その表情に注目だ。

 現場では11月生まれのゆなへのバースデーサプライズもあった。「すごくうれしかったです!ケーキもおいしかったし。“劇メシ”チームの現場はいつも温かく、このドラマの現場も最高に楽しかったです!」と思い出に残る16歳のスタートになったという。

成長した年

誕生日ケーキを前にゆな

 今年、自身の初舞台となった『キツネたちが円舞る夜』(6月公演)のほか、『アヒルがウサギをつかまえました』(7月公演)、『ソースの定義』(11月公演)、そして今作『誰がピザを食べたのか?』と4つの“劇メシ”シリーズに出演した。

 「少しずつですが、演技の基礎を学ぶことができたのかな、と感じています。演技だけでなく、モデルとしても事務所の中で後輩から先輩へと立ち位置が変わっていく年だったので、自分の意識も知識も成長できた1年でした!」と充実。

 2021年の目標には「地上波のドラマに出ること、ゴールデンタイムの人気番組に出ること、YouTubeチャンネル登録者数100万人を突破すること!」と掲げた。

 ドラマ『誰がピザを食べたのか?』は12月28日午後8時に配信スタート。配信開始前の午後7時半はナミの死について思いを巡らせる同級生4人を演じるキャストが参加するオンラインイベントも開催される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)