MONGOL800のキヨサクらが26日、人と人との心の交流を描いてきた企業広告『想うた』シリーズの楽曲の生歌が楽しめる一夜限りのオンラインイベント『想うたLIVE ONLINE』に出演した。本ライブは、大切な人を想うからこそ、なかなか会えない今のタイミングに、「ひとのときを、想う。」というJTの企業思想のもと、約3年にわたって展開してきた企業広告『想うた』シリーズを振り返りながら、みなさまから寄せられた想いとともに、キヨサクらの生歌を全国へ届けようと試みた。

「想うたLIVE ONLINE」イベントレポート

キヨサク

 本ライブではMONGOL800人気曲「あなたに」から始まり、その後『想うた』シリーズ全6篇の物語を振り返りながら、キヨサクらの生歌を楽しんでいただきました。ライブと連動したメッセージ投稿企画「#想うたライブ」では「夫婦」、「姉妹兄弟」、「同期」、「友人」、「恋人」や「両親」など大切な人への想いがこもった約400通もの投稿が寄せられ、ライブ中にはその中からいくつかの投稿が全国へと届けられた。

 また、ライブ中のコメント欄では「天国のお母さんに会いたくなった」、「歌詞の一つひとつが響く」などの感動のコメントで溢れ、SNSでは「画面越しでこんなに泣いたのは初めて」、「繋がることって大切だと改めて思えた」といった“人を想うことの大切さ“で溢れた。

 ライブ同時視聴者数は7000人を超え、キヨサクは「今回はオンラインライブという形でしたが、いつかこの歌でツアーをしたい。これからも歌い続けられたら」と本シリーズに込めた想いを画面越しの皆様に伝え締めくりました。エンドロールでは『想うた』をバックに、メッセージ投稿企画で寄せられた約20名の方の大切な人へ向けた想いコメントが放映され、温かい空気に包まれたJT「想うたLIVE ONLINE」は幕を閉じた。

「想うたLIVE ONLINE」イベントの様子 詳細

 イベントは、「12月24日にたくさんのファンの皆さんからの要望にみんなで動いて、『想うた』をリリースすることができました。想うたLIVE ONLINEを、スペシャルメンバーを迎えてお届けします」とキヨサクからのコメントでスタート。第一弾となる「親を想う」篇では、「感動する」「親のありがたみを感じる」「お母さんに会いたい」と早くも感涙する人も。

 「愛する人を想う」篇が終わった後は、早速「美味しそうなものは一緒に食べたいし、楽しそうなことは一緒にしたい」といった、大好きな人への想いを綴ったメッセージ投稿を紹介しました。キヨサクは「めちゃくちゃ愛されているじゃないですか。いいですね。メッセージを読みながらうるっときそう。」とコメントした。

キヨサク

 そして、シリーズの中でも特に陽気なアレンジの「仲間を想う」篇では、ライブ配信コメント欄にて「肩を組んで笑って過ごす日まで頑張りたい」、「みんなと飲みに行きたい!」など、いまは会えない友人たちを想う共感のコメントで大いに盛りあがりました。メッセージ投稿企画では、キヨサク好きの友人が見ていることを願って届けたメッセージや、亡くなった友人へ想いを綴ったメッセージが寄せられた。

 「姉妹を想う」篇では、theaが今回のライブで初登場し、初めて生歌を披露した。キヨサクは「自分が歌っていないけど姉妹篇が一番好き」と紹介し、コメント欄では「こんな素敵な人が歌っていたなんて」などとtheaを称えるコメントが寄せられると共に、「この曲で姉妹っていいなと思った」などと、改めて家族への思いが寄せられた。

thea

 theaがコーラスに入り、いよいよ終盤となった6曲目。キヨサクは「本当はステージでお客さんの前で思いっきり歌いたかったです。6曲しかないけど、ツアーもしたい気持ちです。このシリーズは大切にこれからも歌っていけたら」と語ってJT「想うた LIVE ONLINE」は幕を閉じた。

『想うたLIVE ONLINE』

 そして、エンドロールでは、全6曲を振り返りながら、約20通もの想いを届けるメッセージが流れました。両親、プロポーズをしてくれた人、結婚した仲間、親友、同期、兄妹、結婚してくれた妻などといった大切な人に向けた言葉に、コメント欄では「エンドロールで泣いてしまう」「妻に感謝を告げよう今夜は」といった声が集った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)