白石麻衣

 白石麻衣が26日、自身のYouTubeチャンネル「my channel」に新たな動画を配信。!“一人忘年会”を開催し、自身の一年を振り返る企画をおこなった。

 【写真・動画】一人忘年会で「激動の一年」を振り返る白石麻衣

 『食べて飲んで激動の一年を振り返る』と題した動画をアップした白石。カメラにビールをかざし、「かんぱーい!」と笑顔でスタート。眉間にシワを寄せながら最初の一口を飲むと「んん~! おいしいね」と満面の笑みを見せた。

 「2020年は色々あったね」と話し白石。「まさか半年以上も伸びるなんて」と5月予定だった自身の乃木坂46からの卒業ライブが10月に延期されたことに触れ、「誰も思ってなかったですよね。びっくり」と改めて驚きを伝えた。

 2月のコンサートでは多くの観客が動員されていたが、「あれが最後のお客さんが入っっているライブだったから、懐かしくもあるし、さみしい。あれが最後になるとは思ってなかったから」と率直に述べ、スタッフから有観客のライブをしたいか尋ねられると「やりたいやりたい」と即答した。

 自粛期間中には料理を多く作っていたといい、「太りました」と白石。「空けてちょっと痩せて、また太って、(10月末の)ライブ前に3キロ落ちたんです。終わった反動で逆に食べてちょっと戻りました」と自身の体重の変遷を打ち明け、現在は安定しているとのこと。

 さらに、自粛期間中には卒業ライブの延期など様々なストレスの中で、「すっごいポツポツが出たんです」と肌にトラブルが発生したことを告白した。

 首から上には出なかったことをポジティブに受け止めたが、「腕、背中、お尻、足の付け根とかにブワッって出て…それが長引いた。9月末、(10月末の卒業)ライブに間に合うのか、そこまでに消えるのかなって。それは本当にどうしようって思いました」と抱えた自身の不安を打ち明けていた。

 注文した料理が届くたび、喜びの表情で迎え入れる白石は「おいしい」を連発。目を大きく開き、しっかリと味わうようにモグモグと口を動かし、豊かな表情で食材を堪能。

 今年を漢字一文字で表すと「進」を挙げ、卒業後にメンバーと交流していることや、ファンへの感謝を述べる白石。最後にはマネージャーからサプライズのクリスマスプレゼントも贈られ、その内容に大爆笑するシーンも。そして、「私も飛躍した一年になるように頑張りたい」とファンに向けて来年への抱負も発信していた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)