YOSHIKIが、大晦日に放送される「今こそ歌おう みんなでエール」をテーマに掲げる『第71回NHK紅白歌合戦』に出場することが決定した。

 深刻なコロナ禍に突入した2月以来、感染拡大防止のためにロサンゼルスにとどまることを決めたYOSHIKIが、アメリカから紅白のためにX JAPANの名曲「ENDLESS RAIN」をピアノで演奏する。

 そして更に、YOSHIKIと交流のある世界のトップアーティストたちが、YOSHIKIの呼びかけによってそれぞれの場所からリモートで演奏に参加し、コラボレーションを行なうことになった。

 参加するのは世界的ロックバンドのQUEENのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、2018年の紅白でYOSHIKIと共演したサラ・ブライトマン。この企画には紅白歌合戦に出場している歌手たちも加わる。

ブライアン・メイ

 日本とヨーロッパ、そしてアメリカをつなぐ壮大なスケールの演出となり、世界各地のトップアーティストたちが心をひとつにして歌う一夜限りの奇跡のコラボレーションが実現。

YOSHIKIメッセージ

 今年も紅白に出演させていただき、とても光栄に思っています。本来であれば日本に駆けつけたかったのですが、世界中でコロナウイルスの感染拡大が深刻な状況にあり、今年の2月以来、ロサンゼルスにとどまっています。そのため、今回はリモートで出演させていただくことになりました。

 そして更にQUEENのメンバーやサラが、それぞれの国からこの演奏に参加してくれることにもなり、とてもエキサイティングで感動的なステージをお見せできると思います。少しでも、音楽を 通じてみなさんに勇気を与えることができれば嬉しいです。

 当日楽しみ にしていてください、よろしくお願いします。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)