横澤夏子、ゆいP、ゆりやん

 ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』の配信記念イベントが23日、都内で行われ、横澤夏子、ゆいP(おかずクラブ)、ゆりやんレトリィバァが出席した。

 本作の舞台は生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂<ソウル>の世界”。夢を叶えたい音楽教師“ジョー”と人間に生まれたくないソウルの女の子“22番”の“人生のきらめき”をめぐる冒険が描かれる。

 作品を一足早く鑑賞した3人だが、ゆりやんは人生で初めて映画を観て泣いたといい、「観始めてずっと引き込まれていたんですけど、そのまま観終わって5分ぐらいして手を洗っていた時に、“私は会いたいと思った人に会えていて、やりたい仕事をさせてもらって、やりたいことはやらせてもらっていて...”、そう思ったら急に号泣してしまったんです」と鑑賞後に大感動したことを告白。

 横澤とゆいPの2人も思わずつられて思い出し泣きしそうに。そしてゆいPは共感したキャラクターに「芸人になりたての頃はジョー。テレビに出させてもらえるようになってからは22番かな」と2人に感情移入したことを明かし、横澤も「本当に心に刺さる作品。日常の中の一瞬一瞬大事にしていこう。会いたい人になかなか会えない時期で、何のために生きているんだろうと考えちゃうときもあるとにぴったりの作品」と語り、本作の深いメッセージに感動したそうだ。

 そして本作ではやりたいことがなく人間に生まれたくないと何年もソウル世界にとどまる22番がジョーとの冒険を通じ、心からワクワクできることとなる“人生のきらめき”を探していくことから、ゆりやんにとっての“人生のきらめき”を横澤が予想することに。横澤は「35キロ痩せること?」と答えるが、ゆりやんは「真面目なことを言って申し訳ないんですけど、大勢の人の目の前でネタを披露することです...。」と申し訳なさそうに“人生のきらめき”を語り、その真剣な思いに会場はほっこり。

 そして最後にゆいPは「自分の人生を振り返ってみて、これで良かったんだと思える作品です。自分は作ってないんですけど、ぜひ見てください!」と本作を待ち望むファンにメッセージを送り、クリスマスらしいムードの中、視聴者と一緒になって楽しむクリスマス・パーティーとなったイベントは大盛況の中幕を閉じた。

 『ソウルフル・ワールド』はディズニープラスにて12月25日(金)17時より独占配信開始。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)